Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「光をくれた人」

2017年06月02日 | 映画


1918年、第一次世界大戦直後のオーストラリア。
帰還兵のトム(マイケル・ファスベンダー)は心に深い傷を負って
世捨て人のように、絶海の孤島ヤヌスの灯台守になる。
思いがけなくイザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と出会い、愛し合うようになる。
地味ながらも幸福な結婚生活を送るが、イザベルは何度も流産してしまう。
そんな時、男性の死体と元気な赤ん坊を乗せたボートが流れ着く。
通報しようとするトムに、自分の子供としてして育てさせてとイザベル。
妻の懇願を振り切れず、死体を隠し、ルーシーと名付けた娘を愛情深く育てる。



数年後、偶然ルーシーの実の母親ハナ(レイチェル・ワイズ)の存在、
そして彼女の絶望を知ってしまったトムは、良心の呵責に耐え切れない。
しかし愛する妻イザベルを裏切ることもできない。
散々悩んだ末、彼が取った行動は…

切ないなあと思う。
妻を愛するトム、娘を愛するイザベル、娘を失くして嘆き悲しむ実母ハナ。
悪い人は誰もいないのに、誰も幸せになれない。
娘に深い愛情を持ちながらも、人間としての正義を捨てられない男と
何よりも子どもへの愛、母性を優先する女の違いもよく描き分けられています。
またこの女の子、ルーシーが可愛らしい。
育ての親の愛情をいっぱいに受けて真っ直ぐに育ち、
手作りの素朴な服を着せられて、天使のように笑うのです。
こんな子をそりゃ、手放せないよねえ…



撮影は、ニュージーランドやタスマニア島西北部で行われたのだそうです。
風が吹きすさび、荒波がぶつかり合う、絶海の孤島。
荒々しくも雄々しい自然の中で、もっと激しくぶつかり合う人間の感情、
子を思う親の気持ちに泣きました。



監督・脚本デレク・シアンフランス 原題「THE LIGHT BETWEEN OCEANS」
公式HP  http://hikariwokuretahito.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登り鮎@伊勢丹 | トップ | 居場所がばれてしまうから… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
覚悟しなくては... (セレンディピティ)
2017-06-02 16:52:30
こんにちは。
この作品、私も見るつもりでいます。
予告を見て、なんとなくストーリーはわかっていましたが
実際に見たら、もっと打ちのめされそうです。
覚悟しなくては...
レイチェル・ワイズも久しぶりに見るので楽しみです。
セレンディピティさま (zooey)
2017-06-02 23:57:00
私が書いたのは、予告編で知り得ることまでです。
意外な展開がありました。
母親の立場では、観るのがちょっと辛いよねえ。
「八日目の蝉」に通じるところがある感じします。
レイチェル・ワイズ、「スターリングラード」や「ナイロビの蜂」が印象的でした。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
光をくれた人 (風に吹かれて)
光を必要とする人たち 公式サイト http://hikariwokuretahito.com 原作: 海を照らす光 (M・L・ステッドマン/ハヤカワepi文庫)監督: デレク・シアンフランス  「ブル