Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「ライオン 〜25年目のただいま〜」

2017年04月19日 | 映画


インドで迷子になった5歳の少年が、オーストラリアの家庭の養子となって育ち、
25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという、実話を基にした話。

1986年、インドのスラム街で5歳のサルーは、母と兄と妹と
貧しいながらも逞しく、幸せに暮らしていた。
ある日、駅で一人になったサルーは、間違った電車に乗り込み、
1600キロ離れたコルカタに運ばれてしまう。
言葉も通じない大都会の路上を、5歳の幼児が泣きながら彷徨う。
人身売買や子ども誘拐団の手から危うい所で逃れ、ようやく孤児院に入れられるが
そこも家畜小屋のような酷い所で、性的虐待などもまかり通っていた。
サルーがオーストラリアの裕福な家庭に養子として迎え入れられたのは
本当に幸運だったと言えるでしょう。



そこで何不自由なく育ったサルーですが
25年後、ふとしたことから自分の幼少期を思い出す。
そこからGoogleEarthを使って、必死になって自分の出身地を探し出すという、
途方もない話なのですが、これが実話だというのだから驚きます。

年間8万人もの子供がインドで行方不明になるというテロップが、ラストに流れます。
貧困、児童労働、人身売買、文盲率の高さといった事情が、その背景にあるのでしょう。
2年ほど前にインドに旅行した時に見た、あの街なかのカオスを思い出します。
何しろ路上に、牛、馬、犬、猫、サル、ヤギ、ニワトリ、ブタ、人、
そうしたものがごちゃ混ぜになっているのですから。



サルーを養子に迎えたオーストラリア人の夫婦の献身的な愛情には
頭が下がるばかりですが
愛情とお金をかければ子どもは問題なく育つかと言えば、そうとも限らない。
利発なサルーは素直にまっすぐ育ちますが
その後に夫婦は、マントッシュというインド人の男の子をまた養子に迎えるのです。
しかし彼は、最初から自傷癖など精神的な問題を抱えていて
それは、25年経っても治らなかったのです。
詳しくは語られないのですが、孤児院で余程酷い目に遭ったとしか思えない。



サルーが仕事もやめてしまい、一人閉じ籠ってPCでひたすら故郷を探すあたり、
恋人とも別れたりで少々中だるみしますが(事実だから仕方ないのか)
見応えのある映画です。
原題は「Lion」。
その意味は、ラストで明かされます。

公式HP http://gaga.ne.jp/lion/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大きいのも小さいのも | トップ | 愛される喜劇「フィガロの結婚」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
奇跡の実話の裏側 (セレンディピティ)
2017-04-21 09:19:24
おはようございます。
この映画、メインとなるストーリーは
”インドで迷子になった少年が25年ぶりに家族を探し出す”
という爽快な奇跡の実話ですが
その陰で、インドの子どもたちをめぐる問題や
傷ついた子どもを養子として迎えることの難しさなど
いろいろ考えさせられることがありました。
子役の男の子もすばらしくて、見応えのある作品でしたね。
セレンディピティさま (zooey)
2017-04-22 00:20:40
子役、よかったですよねえ。
涙と鼻水で顔がガピガピになって。
もうつい母親目線になって、ウルウルしちゃいました。
5歳児が路頭に迷っているのに、誰も手を差し出さない。
手を出そうとするのは、悪い奴らばかり。
しかしあのインドだったら、十分にあり得るだろうと
物凄く納得してしまいましたw
私も~ (ノルウェーまだ~む)
2017-04-22 16:32:31
zooeyさん☆
オーストラリアのパートはちょっとダレましたね。
恋人との関係が何となくはっきりしなくて。
インドに実際いらっしゃったから余計に実感として伝わってきますね。

弟のマントッシュくんは自閉症かなぁ?と思って見てました。ご両親のより境遇として過酷な状況にいる子供を養子に迎えようとするその心根に頭が下がるばかりですね。
まだ〜むさま (zooey)
2017-04-23 23:51:34
そうなんですよね。
彼女と別れたのか別れてないのかとまだ〜むさん、書かれていましたけど
同じようなことを思いました。
まあインドの実家ぎ簡単に見つかったわけじゃないということを表したかったのでしょうけど。

マントッシュ君は自閉症とかパニック障害とか、あれだけじゃよくわかりませんでしたが…
いずれ親としては悩みますよね。
Unknown (なな)
2017-10-22 22:44:34
こんばんは

爽快な再会劇の陰に、インドの悲惨な社会問題も描かれていましたね。
サルーのケースは本当にラッキーだったのでしょう。
裕福な養父母に引き取られる幸運にたどり着くまでに
道端で飢えて死んだり、人買いに捕まったり
孤児院で劣悪な待遇を受けて歪んでしまったり
いろいろな試練や困難に潰されてしまう孤児の方が多いのでしょうね。

サルーの恋人は、ルーニー・マーラが演じていたけど
うーん、実際にはそんなに重要なキャラかしら?と
勿体ないなぁ~とか思ってしまいました。
ななさま (zooey)
2017-10-22 23:20:13
インドの悲惨な社会問題、
実際、子どもの身売りが今も多いといいますものね。
「スラムドッグ&ミリオネア」にもそうした場面が出て来ましたし
実際、インドの街角を思い出しても
非常に納得してしまいます。

サルーの恋人はちょっとあやふやな存在でしたよね。
もうあんまりハッキリ覚えていないのですけど…

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

LION ライオン 25年目のただいま (セレンディピティ ダイアリー)
5歳で迷子になったインドの少年が、養子として育ったオーストラリアから25年の歳月を経て、Google Earthを使って生まれ故郷を探し出したという実話に基づくドラマ。デヴ・パテル、ニコ......
LION/ライオン 25年目のただいま (映画的・絵画的・音楽的)
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭......
「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 (或る日の出来事)
Google、株、上げたな!?
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
DVDで観賞。今年のアカデミー賞で、作品賞を含む6部門にノミネートされた作品。 25年間迷子だった男が、Google Earthを使って故郷を見つけたという驚きの実話を映画化した感動作品。そ......