Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「アリス・イン・ワンダーランド」

2010年04月29日 | 映画
19歳になったアリスが、意に沿わない求婚を前にして現実から逃げ出し、
白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込むという設定です。

女の子が喜ぶ作品だという意見があるようですが
確かにお洒落な映画です。
アリスが次々に着替える衣装はどれも洒落てるし、
森の中の色とりどりのキノコやお茶会の小物、女王のドレス、
観て楽しい物ばかりです。
単なるファンタジー作品として楽しむのもよし、
少女アリスの自我の目覚めと自立の物語として理解してもよし。

ただ私は、例によって幼い頃に読み親しんだ児童文学としての思い入れが
あまりにも強いので…
それと比較しての感想を、少々書いてみたいと思います。

あの本の中で何と言っても印象的だったのは
飲むと身体が小さくなるジュースに、食べると大きくなるケーキ。
「わたしを飲んで」と瓶に書いてあるジュースは、”チェリーパイとプリンと
パイナップルと焼いた七面鳥とタフィと焼き立てのバタートーストを混ぜたような味”。
それってどんな味!?と子どもの私は身悶えしたものです。
映画の中では、ただの苦い薬のような扱いだったような…
あれでは、その飲み物を手にしたアリスの、ドキドキ感や高揚感、
そして恐れや不安感は伝わってこない…
そういったものを飲食して、アリスはネズミよりも小さくなって自分の涙に溺れかけたり、
二階屋よりも大きくなって屋根から顔を突き出したりするのですが
最終的には自分のサイズに落ち着くというところが
”自分の身の丈を知る”という意味で、中々教訓的ではあります。
映画だと、それまでフワフワのお姫様ドレスばかり着ていたアリスが
最後の闘うシーンで着た、あのピタリとした凛々しい甲冑服がそれを表わしていたか…

そして更に印象的だったのは、あのチェシャ猫!
ニヤニヤ笑いだけを残して消えるという神出鬼没のチェシャ猫に
子どもの頃の私はどんなに思いを馳せたことか。
映画でどう描くのかと興味津々だったのですが
これも、本の勝ちでしょうか。
確か、この猫を巡って女王と死刑執行人の争いのシーンがあったと思うのですが
本が手元にないので、ネットで検索してみたら出て来ました。

女王のクロッケーグラウンドに、首だけの姿で突如出没したチェシャ猫 
彼の首を切ろうとする王と死刑執行人との間で大議論が繰り広げられます。 
当のチェシャ猫は例のニヤニヤ笑いを浮かべて
成り行きを見物しています。
”死刑執行人 恐れながら陛下 切り離そうにも切り離す体がついていない首を
      切り離すなんて、わたしにはできません
      やったこともありませんし、この年になってそんなことをする気はございません
 王  なんと! 首があるではないか? 
    首がある以上、その首をはねられないはずはないのじゃ 
 女王 5分以内になんとかするのじゃ! 
    さもないとこの場の者全員の首をはねてしまうぞ”
(http://home.catv.ne.jp/dd/alice/alice/fusigi/topics_02.htmより)

二言目には「首をちょん切っておしまい!」と叫ぶヒステリックな女王の持ち味と、
それを斜めに見て面白がってるチェシャ猫の様子がよく出ています。
3D技術を駆使した映画の中のチェシャ猫も
空間の中にいきなり現れたり、顔だけ残して体は消えたりと中々面白かったのですが
”ニヤニヤ笑いだけを残して消える”というイメージの映像化には
あまり成功していなかったような…

しかし、あのコンプレックスの塊の、デカ頭の女王を演じたのは
ヘレナ・ボナム・カーター。
いかにティム・バートンの奥さんとはいえ…
「眺めのいい部屋」では清楚なお嬢さん役がピッタリだったのに…
あの思い入れの深い原作と比べてしまうと、この楽しい映画も
どうしても薄っぺらな、ティム・バートン風ドタバタ田舎祭りという感が拭えないかもしれません。

「アリス・イン・ワンダーランド」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四月になれば彼女は | トップ | 「オーケストラ!」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2010-04-30 10:51:13
こんにちは
この映画は賛否両論のようで…

やはり「不思議の国のアリス」という物語や
この映画の監督、出演俳優に対して
何かしらの思い入れのある方から観ると
物申したくなる気持ちも分からんでもないです

私は監督や俳優にも特別な思い入れがあるわけでもなく、
幼少時代に読んだ「不思議の国のアリス」の物語も
おぼろげな記憶の中だったので
わりとサラリ…と楽しんで観てしまいましたが、
「不思議の国のアリス」の物語に対して
明確な記憶が残っていたのなら
この映画に対して
また違った感想を持ったのかもしれません

去年観た「クリスマス・キャロル」や「かいじゅうたちのいるところ」など、
ここ最近は児童文学が映画される事が多いので、
私も幼少時代に読んだのにすっかり忘れてしまっている物語を
いろいろと読み返したくなりました
テクテクさま (zooey)
2010-04-30 22:39:10
こちらこそありがとうございます。
児童文学に関しては
私はちょっとウルサイのです。

とにかく子どもの頃、好きな本は暗記するほど読んだので…
いまだに覚えているフレーズもあるほどです。

あの本の、奥深く摩訶不思議な不条理の世界を
ただ面白おかしいドタバタ活劇にされてしまっては…
文句の一つも言いたくなります。
でも監督も、このようによく知られている話を映画化するからには
それなりの覚悟があったのでしょうけどね…
こんばんは~☆ (kira)
2010-05-05 20:06:00
正直私も、アリスをなぜ13年後の物語に固執してしまったのか、
そこがそもそも不思議。
なのであのようなラストになってしまったのでしょう。
子供の想像力と好奇心で動く世界を、現実的な大人の世界につなげる所に、
"今のハリウッド映画"を感じます。
どこかをちょっといじって大衆ウケする作品にしていますよね。
私は「アバター」でもそう感じてしまいました。
kiraさま (zooey)
2010-05-07 00:59:22
この作品の中のアリスは
19歳にしては子どもすぎるし、
子どもというには大人すぎるし…
なんとも中途半端な立ち位置でしたね。

>子供の想像力と好奇心で動く世界を、現実的な大人の世界につなげる所に、
"今のハリウッド映画"を感じます。

そうですね。
荒唐無稽な夢は夢のままで残して欲しかった、と私も思います。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

現実もまたワンダーランド。『アリス・イン・ワンダーランド』 (水曜日のシネマ日記)
童話「不思議の国のアリス」のその後を描いた作品です。
『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑...
アリス・イン・ワンダーランド (to Heart)
世界はもう、マトモではいられない…。 原題 ALICE IN WONDERLAND 製作年度 2010年 上映時間 109分 製作国・地域 アメリカ 原作 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』 脚本 リンダ・ウールヴァートン 音楽 ダニー・エルフマン 監督 ティム・...
【99.6Kg】 「アリス・イン・ワンダーランド (3D)」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
おはようございま~す♪ 金曜日、土曜日とブログ更新をしておりませんでした。最近は、もうこういう場合は過去分はスルーしてしまうのですが、今回はきちんと遡って2回に分けて更新したいと思います。
アリス・イン・ワンダーランド (RISING STEEL)
映画の日、千円での鑑賞で見ました。 「アリス・イン・ワンダーランド」。今年のGW最大の話題作だ。 ちゃんと読んだこと無いけど(オイ)不思議な国に迷い込んで トランプの兵隊とかに追われたりするん...