目黒区自由が丘・医療用ウィッグをカットする美容師「高溝」のブログ~治療中でもいつものヘアスタイルで笑顔の暮らしを!

医療用ウィッグだけでなく眉・まつげ・爪など美容全般にわたり様々な形でサポートしています。

ウィッグを被ると走れない?

2016-10-16 09:21:53 | ウィッグでの生活

こんにちは。高溝です。

 

まずは質問です!

医療用ウィッグを使用している方へ・・・

ウィッグを被っていて、走れますか?

 

医療用ウィッグを取り扱っていますが、当たり前のことなのですが、深く考えたことがなかったです。

 

 

普通に走れて当たり前

信号の青が点滅し始めたら走りますよね。そんな普通の事は出来るのが当たり前だと思っていました。

当店、ご利用のお客様は、自転車にも乗っていますし、ジェットコースターにも乗ったという話も聞きます(←これはおススメは出来ませんよ)

 

先日、つけまつ毛のレッスンでご来店のお客様、他店のウィッグをご利用でした。

いろいろお話していく中でふと・・・「ウィッグかぶると走れないんですよね」

そんな言葉が出てきて・・・

私・・・「えっ、普通に走れますよ!自転車だって皆さん乗っていますから・・・」

 

ちょっとウィッグを拝見させて頂きました。

このお客様がお使いのものは、かなり厚めのアンダーキャップを被って、それに前と後ろのストッパーで留めるというもの

ただ、そのストッパーがかなり大きいもので、前に付いていたのは、痛くなってご自分で外してしまったそうです。

そしてこのお客様かなり頭が小さい方

後ろの方はブカブカでした。

もみあげの部分も耳に当たってしまう感じで耳に上くらいに合わせていました。

 

お値段やサポートのことをうかがうと・・・

値段は、当店よりお安いウィッグでしたが、最初のカットだけ付いていて、それ以外は、すべて有料になるそうです。

うーん、それだとたぶん当店より高くなってしまいますね。

それよりなにより、なかなかうまくいかないので調整とかで予約をして行ってみると、担当の美容師さんは迷惑そうで早く帰ってほしい感じが伝わってくると・・・そんなことから結局行かなくなってしまったそうです。

 

だったら、どうせあちらでもお金がかかるのでしたら、私がやりますよ!

ということで、サイズ調整をさせて頂きました。

でもこのウィッグ、もみあげの部分をフィットさせるように出来ていない・・・うーん難しいです。

出来る範囲のことをやって、被って頂きました。

もちろん厚いアンダーキャップは無しにして、滑り止めのアンダーラップを巻いてもらって・・・

もみあげ部分はきちんともみあげに納める・・・当たり前だと思うのですが、それも説明がなかったのか耳の後ろの方に納めていた・・・

「すごいフィットしてますー」

そうおっしゃっていただけましたが、いつもスリールをサイズ調整している私としては、まだまだフィットしているとは言えない感じなんですよね。

ただ、スリールと違いますので、サイズ調整がやりにくいです。

でも小走りくらいならできそうになりました。

 

今回改めて思いましたが、本当に普通のことをあきらめている方って結構多いんですよね。

急に病気を告知され、あれよあれよという間に治療の日程が決まり、わけもわからないままなんとなくウィッグを購入してしまう。

 

私たちは、ごくごく普通のいつも通りの暮らしが出来るように医療用ウィッグでサポートをしています。

いつも通りの暮らし・・・普通に走ったり自転車に乗ったり・・・スポーツクラブに行きたいという方もいます。

結婚式に出席するとか・・・趣味のダンスをあきらめたくないとか・・・

ごく普通のことをやりたいですよね。

 

まだまだ私たちの活動が足りないようで、患者様のところに届いていないです。

このブログを読んでくださる方・・・もっともっと広めていきたいんです!

こちらのクリックをお願いします!

ブログ村のランキングが上がれば少しでも必要としている方へ情報が届きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

来年からはもっと本格的に、医療用ウィッグスリールを広めていく活動をしていきます。

1人でも多くの患者様が、ウィッグのことでストレスを感じることなく治療に専念できるように・・・

私もまだまだ頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

「フランジパーニ・・・夜の会」 開催決定しました!

詳細はこちら

 



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

10月のお休み

10月18日(火)19日(水)25日(火)31日(月)

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

抗がん剤の化学療法による脱毛脱毛症により、ウィッグが必要な方・・・                               

ナチュラルで自然なスタイルの医療用ウィッグを製作しています。

化学療法をお受けになる際の事前カット・医療用ウィッグの製作・ウィッグの相談・
自毛デビューに至るまでの様々な髪の悩みに対応している完全予約制のプライベートサロンです。

ご試着~製作までの流れはこちらをご覧ください

治療による爪の副作用でお悩みの方のご相談も受け付けています。

また、他社のメーカーのかつらのカットやサイズ調整も行っております。
(ウィッグによってはお断りさせて頂く場合もあります) 

治療後の自毛のご相談は他社ウィッグご利用の方(平日のみ対応)でもOKです。           

Frangipani(フランジパーニ) 高溝周子

 090-9109-4731                  

(接客中は対応出来ないこともありますので留守番電話にメッセージをお願いします。折り返しご連絡させて頂きます)


メールでの受け付けは norigure@gmail.com

メールの返信は、1営業日以内に行っています。もし返事が届かないという場合には、こちらにメールが届いていないか

返信のメールをお客様の方で受け取れていないことが考えられますので、一度お電話を頂けると助かります。

 

お店までのアクセスは、こちらをご覧ください

 

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やります!フランジパーニ・... | トップ | ちょっと乱れているくらいが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。