目黒区自由が丘・医療用ウィッグをカットする認定美容師「高溝」のブログ~治療中でもいつものヘアスタイルで笑顔の暮らしを!

医療用ウィッグ・眉・まつげ・爪など美容全般にわたりサポートを行っています
ikus.医療美容ケア研究会認定サロン

医療用ウィッグスリールのメンテナンス

2017-04-19 11:42:01 | ウィッグでの生活

こんにちは。ikus.医療美容ケア研究会 認定サロン atelier Frangipani 高溝です。

 

ここ数日は暖かな日が続いていますね。

つい1週間前の11日火曜日は、確か最高気温10度で真冬並みの冷たい雨だったのに・・・

1週間違うと、26度とか・・・30度超えの地域もあったみたいですね。

寒暖差が激しいのは本当に疲れます。

 

さてさて、医療用ウィッグのメンテナンスについてご説明しますね。

ウィッグに使われている人工毛は、静電気の影響により縮れをおこします。

先日も試着にいらした方が、この縮れをすごく心配されていました。

縮れは、乾燥、摩擦によっておきますので、襟元がすっきりしてくるこれからの季節はまだ大丈夫なんですよ。

一番大変なのは、冬ですから。

 

じゃあ縮れってどんな感じなのかというと・・・

こんな感じです。

実は、現在当店で取り扱っているスリールは、縮れがおきにくい人工毛を使用しています。

なので、これくらいな感じです。

襟足の裏側が、一番影響を受けます。

でも、ぱっと見た感じは、右の写真のようになんとなくスタイルにはなっています。

 

 

以前取り扱っていたヘアエピテーゼのウィッグは、もう少し縮れがひどく出てくる人工毛でした。

縮れがひどくなるとこんな風になってしまいます。これもアイロンで伸ばすことができますけどね。

 

 

今回のN様のウィッグは、スペシャルトリートメントでケア

どうなるかというと・・・

  

しっとりつややかに・・・

全体はこんな感じです。

 

普通にアイロンでメンテナンスするだけでもきれいになりますが、さらさらを持続させるには・・・

スペシャルトリートメント(有料)がオススメですよ

 

人工毛の縮れは、耐熱毛でしたらヘアアイロンで直せますのでご安心くださいね。

 

 

 

5月21日(日)に開催の夜の会ですが、人数に余裕が出てきたので、婦人科系がんの方も部屋を分けて開催することにしました。

当店をご利用の方でしたら、ウィッグ製作されていなくても、お申込み出来ます。

詳しくはこちらから・・・

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ikus.医療美容ケア研究会 認定サロン

atelier Frangipani(アトリエ フランジパーニ) 高溝周子

090-9109-4731 norigure@gmail.com 


ご試着~製作までの流れはこちらをご覧ください

お店までのアクセスは、こちらをご覧ください 

接客中は対応出来ないこともありますので留守番電話にメッセージをお願いします。折り返しご連絡させて頂きます

メールの返信は、1営業日以内に行っています。もし返事が届かないという場合には、こちらにメールが届いていないか

返信のメールをお客様の方で受け取れていないことが考えられますので、一度お電話を頂けると助かります

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

☆当店で製作した患者様のスタイル集です。ウィッグ選びの参考にしてください☆

医療用ウィッグのスタイル集・・・ショート~ミディアム

医療用ウィッグのスタイル集・・・ロング

 

私達の活動や医療用ウィッグスリールをたくさんの方に知ってもらうために・・・クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療用ウィッグで髪型を再現する | トップ | 当店ご利用の方限定の「夜の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。