Franco Yoneda's Musical Box

PINK CADILLAC プログレッシブロックセッション
ロン曲打合せ専用ブログ

Get thy Bearings / King Crimson

2016-11-08 10:34:13 | 12/10 セッション ロン曲
・メンバー
 Vocal : 募集中
 Guitar: ヒレッジ村上
 Bass : エスケン
 Drums : 募集中
 Key : 沖津
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Intergalactic Strut / Colos... | トップ | Five G / Bruford »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宜しくお願いします。 (ヒレッジ村上)
2016-11-11 09:02:14
詳細については明日書き込みをしたいとおもってますが、掲示板にエピタフバージョン参考と書きましたが、正しくは続・エピタフバージョンです。申し訳ございません。
エピタフの各単体の場合は続・エピタフのDISC 1のプランプトンのライブを参考にお願いします。
進行としては、歌(アカペラ)→リフin→
歌→リフ→サックスソロ(中盤からサックスのみ)→サックスの合図からリフin→歌→ベースのみのフレーズ→ギターソロ(中盤からギターだけ)→ギターから合図でリフin→歌→歌(バックはインタープレイ)→リフend。
以上のような流で各自フリージャズのようなインプロバイズして頂ければと思います。
宜しくお願いします。
参考音源URL (Hillage村上)
2016-11-12 16:46:11
上記に書きました続・エピタフの音源です。参考に聞いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=kexfKa2fTCI
進行も上記に書いた通りですが、音源の方はかなり長いのでSAXとギターが単一フリーになる部分の持って行き方は、合図等でD&B&(SAXorGUITAR)がだんだん静かになっていき、SAXまたはGUITARだけにさせるようにしたいと思います。
そして、SAXもGUITARも全員でリフへ入るきっかけとしては、B♭→G、F→Gのメロを弾いたら、ドラムのフィルを合図にリフ(G→A→B♭→C→D→F、G→A→B♭→C→A→F、G→A→B♭→C→D→F、G→A→B♭→C→A→F→G)に入りたいと思います。
宜しくお願いします。
よろしくです (エスケン)
2016-11-12 17:10:30
音源確認しました
上の構成案と合わせて雰囲気つかんでおきます===

宜しくお願いします。 (kami)
2016-11-15 10:08:37
まず音源頂戴いたしました。私のは「続」で無い方でしてちょっと短かったです。まあ、あれの場合は大丈夫でしょうが。(笑)
で、進行説明ありがとうございます。聞き込んで取り組みます。完全にフリージャズまるだし感が良い感じだと思います。(笑)
かっぱらいドラマーっす。 (やすお)
2016-11-19 03:56:38
というわけで、Kamiさんから強奪いたしました。よろしくお願いいたします。

ついでにボーカルもいただきました。

もろもろ進行は理解しました。

リフに戻る前の

>B♭→G、F→Gのメロを弾いたら、

は、毎回ギター?

Youtubeでいうところの何秒のところ?
>B♭→G、F→G (hillage村上)
2016-11-19 07:56:13
>やすおちゃん!
よろしくね!
>B♭→G、F→G
3:36~3:40がサックス。
8:34~8:40がギター。
音が小さいので聞き取りにくいですが、実際にセッションでは、合図となるフレーズなので分かりやすい感じでしますね。
最も、サックスもギターも単一のソロの最後の部分となるので、わかると思います。
よろしくお願いします (沖津)
2016-11-19 12:18:55
音源確認しました。村上さんの投稿を参考にさせていただきます。
うわー (やすお)
2016-11-20 13:53:57
すげぇわかりにくい(笑)

サックスも同じような感じなのね。
カットに (hillage村上)
2016-12-04 22:14:49
なってしまいました、、、。
皆さん、いろいろ書き込み有難う御座います。
今回のセッションの中でも異色なフリー即興っと言う意味でも楽しみにしていたのですが、またの機会に宜しくお願いします。

コメントを投稿

12/10 セッション ロン曲」カテゴリの最新記事