パリで美味しいタイ料理

タイ人(ブログ内では兄さん)から教わる美味しいタイ料理、大好きなお菓子作りなど。

ワン!タン!!メン!!!

2017-01-04 13:06:36 | 料理

今日は兄さんのリクエストでワンタン麺を作ります。まず豚骨でスープを作りました。

 

豚ひき肉と叩いて細かくしたエビにオイスターソース、醤油、砂糖、コショウを混ぜてワンタンの皮で包みました。ネットで包み方を調べると色んな形があり面白かったです。今回は可愛らしいこのつつみ方にしました。皮に具材を乗せ端に水をつけて長方形になるにとめます。皮の左右を引き寄せて水でとめます。このワンタンの皮は日本のより厚みがあると思います(粉も多いな・・・)。なので皮の端をとめずに中身のすぐ周りをとめて、上の皮だけの部分はパラパラと離れているようにしました。

 

トッピングはチンゲンサイともやし。とパクチー。

 

私はあっさりスープが好きなので何も足さず。こちらは兄さんの。唐辛子が乗っているタッパーは小エビのペースト、カピです。唐辛子にカピをつけて食べてました。

 

フライドニンニク、粉末唐辛子、ピーナッツ、酢(ここまでは全然OKだけど)、砂糖(えっ!)、チリソース(もう完全に味変わります。・・)。わざわざ豚骨からスープ作る意味無いんじゃない?と言うと、タイはこうだよ、と。わかってるけど私は好きになれな〜い。

「久しぶりのフォーだ〜!!」と、かなり喜んでいました。そういえば兄さん31日からフォー食べに行こうと毎日言っていました。

 

先日、ここに入居した時に管理人さんが貸してくれていたソファーベッドをお返ししました。初めはこのソファーベッドで寝ていたのですが、あまり寝心地が良くなかったのでベッドを購入。一年程前から兄さんが管理人さんに会うたびに引き取りをお願いしていました。その度、「分かった、また電話するよ!」か、「これが終わったら取りに行くよ!」でした。でも電話はないし、約束の時間にも来ない・・・。でもある日メールでお願いすると、すぐ行くよ、と!今回は本当に来てくれましたー!!兄さんと運び出してくれました。兄さんによると、彼はいつもこうなのだそう。根気よく頼まなければなりません。ソファーがあり、掃除が大変だった頃。

 

ソファーを取り払った後。スッキリ!!

 兄さんがウドンタニのママから貰ったござを敷いています。タイらしいカラーで、畳んでクルクル巻くとこんな感じで持ち運びに便利なので気に入っています。持ち運ぶことはないか。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーヤチャンプルー! | トップ | 肝のソースでパスタ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

料理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。