劇場と映画、ときどき音楽と本

オペラ、バレエ、歌舞伎、文楽などの鑑賞日記です

ヴェネチアのサン・マルコ寺院を見る

2017-07-14 17:14:32 | 美術
サン・マルコ広場にそびえ立つ、サン・マルコ寺院を見に行く。ここは宝物庫に入らなければ無料で見ることができる。結構太っ腹だ。ちょうど午後だったので、西日が正面のファザードの金色のモザイクを照らし、それだけでもう美しさにしびれてしまう。

上には5個くらいのクーポラがあるが、これがなんとなくイスラム的な形だ。ヴェネチアは最盛期にはコンスタンティノープルを配下に収めていたので、東方美術の影響がある。その時代のキリスト像などを見ても、アーモンド型の目など、いかにもビザンチン風の描き方の作品も多い。そこがこの教会の魅力だろう。

正面ファザードも金のモザイクだが、中に入ると一段と金、金で、壁面や天井部が金色のモザイクで装飾してある。これだけ派手に金で装飾してあるのも珍しい。床もまた豪華な装飾が施されている。

最終的には、ヴェネチアはオスマン・トルコにかなり攻められて衰退化することになるのだが、絶頂期には凄く繁栄したのだろう。その時代の絵を見ると、いろいろな所から様々な人々が集まってきた様子が描かれている。

教会を出て、サン・マルコ広場を見渡すとそこかしこに、ヴェネチアを象徴する有翼の獅子像がある。広場には鳩も多い。そいえばカトリーヌ・ドヌーヴが出た映画でこの広場が出てきたななどと思い出しつつ、海岸に出て少し散歩する。高級ホテルが並ぶ海岸線のところを見ると、なんとなく「ヴェニスに死す」の映画はここらでロケしたのかなと感じた。

暑くて疲れたので、バポレットに乗りサンタ・ルチア駅まで行き、総菜屋で簡単な総菜と良く冷えたプロセッコを買い、宿に戻って軽い食事をした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴェネチアのフェニーチェ座... | トップ | ミラノの大聖堂を見る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。