電気くらげ ☆ Relaxing with Electric jellyfish.

電気くらげ ☆ Relaxing with Electric jellyfish.


癒しのクラゲ動画三部作のラストはこれです!
ぎんぎんぎらぎらの『電気くらげ

激しく発光するウリクラゲの動画です。
一体どんな仕組みなんだろうか.....

あまり難しいことを考えずに、頭を空っぽにしてボーっとご覧ください。
少しだけくらげの気持ちがわかった気がします。

ブログ上の動画では全体表示が出来ないようなので、youtubeからご覧ください。↓
           

山形県鶴岡市立加茂水族館で撮影。

くらげ動画三部作
くらげ ☆ Relaxing with jellyfish.
宇宙くらげ ☆ Relaxing with Space jellyfish.
電気くらげ ☆ Relaxing with Electric jellyfish.

ホームページをリニューアルしました。   

                                             
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宇宙くらげ ☆ Relaxing with Space jellyfish.

宇宙くらげ ☆ Relaxing with Space jellyfish.



癒しのくらげ動画Part2!!
宇宙くらげを作りました。

真っ暗な宇宙空間をふわふわと漂うくらげの映像です。

くらげの裏側がこんなにエロティックな造形だったとは.....
五十路を目前にして素晴らしい発見でした。


ブログ上の動画では全体表示が出来ないようなので、youtubeからご覧ください。↓
            


山形県鶴岡市立加茂水族館で撮影。

くらげ動画三部作
くらげ ☆ Relaxing with jellyfish.
宇宙くらげ ☆ Relaxing with Space jellyfish.
電気くらげ ☆ Relaxing with Electric jellyfish.

ホームページをリニューアルしました。   

                                             
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

くらげ ☆ Relaxing with jellyfish.

くらげ ☆ Relaxing with jellyfish.


癒しのくらげ動画を作りました。
ふわふわと漂う可愛いくらげに癒されちゃってください。

山形県鶴岡市立加茂水族館で撮影。・・・・・・・・・・youtube動画はこちら↓
            

くらげ動画三部作
くらげ ☆ Relaxing with jellyfish.
宇宙くらげ ☆ Relaxing with Space jellyfish.
電気くらげ ☆ Relaxing with Electric jellyfish.


ホームページをリニューアルしました。   

                                             






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カンガルーとかとかげとか キンチェガ国立公園 オーストラリア

【アカカンガルー / Red kangaroo】

キンチェガ国立公園はオーストラリアの南東部、同じNSW州のシドニーからは遠く1300km離れた内陸[アウトバック]にあります。
はっきり言ってとても行きにくい場所です。

一見動物などは棲めそうもない赤っちゃけた砂漠なのですが、けっこういるんですよ、カンガルーとかとかげとか、前回紹介したエミューとか。

【スナオオトカゲ / Sand goanna】

【スナオオトカゲ / Sand goanna】

【マツカサトカゲ / Shingleback Lizard】

【フトアゴヒゲトカゲ / bearded dragon】

【エミュー / Emu】


この果実は和名をコロシントウリというスイカの原種。
砂漠でこんな実を見つけると思わずかぶりつきたくなるんだけど、絶対だめですよ。
このスイカじつは「悪魔の実」と呼ばれていて、食べると激しい下痢と脱水症状に襲われるらしい。
そんな禁断の果実をうまそうに食っていたのがこの方、、、

【クルマサカオウム / Major Mitchell's Cockatoo】 おなか大丈夫ですか。

キンチェガ国立公園では2種のカンガルーが観察できます。

【アカカンガルー / Red kangaroo】

【クロカンガルー / Western Grey Kangaroo】

動物園や住宅地周辺で出会う人馴れしたカンガルーと違って、アウトバックに棲む野生のカンガルーはとてもシャイです。
人間の姿を見ると、ポンポンポンポンっと跳ねながら、あっという間に遠くまで逃げて行ってしまいます。そう簡単には写真を撮らせてくれない。
カンガルーの群れを見つけたらゆっくりと先回りをして、少しずつ距離を詰めながら、カンガルーの方からファインダーの中に入ってくれるのを待たねばならない。
そう、動物カメラマンは忍耐力との勝負なのです。

そうやって待ち続けていても、ほとんどの場合はシャッターを一枚も切れずに終わっちゃうんだけどね.....
つづく。


山本つねおのホームページ



Australiaギャラリーはこちら
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

男前エミュー・Emu オーストラリア キンチェガ国立公園 『Kinchega National Park』

1年半ぶりのブログ更新です。

2017年、新年明け開けのこのタイミングからせめて写真だけでもアップしていこうと思います。

で、新春一発目はエミュー。
今年は酉年なのでね、たとえ飛べない鳥でも鳥は鳥でございます。
めでたい!!


【昨年5月、オーストラリア キンチェガ国立公園で撮影】

かねてから思っていたのですが、エミューこそが世界の鳥界の中で男前ナンバー1なのではないだろうか。
この凛々しい眼差しで見つめられると、性別、種族を超えて惚れてしまいそう。
オスメスの見分けが難しい動物なので、雌鳥の方々には失礼な言葉かもしれませんが、すべてのエミューは男前なのであります!

ちなみに二枚上の写真は親子なのですが、エミューは抱卵から子育てまで全て雄が行うので、これは父子の写真なのですね。
最近流行りのイクメンってやつ。
そんなところも男前ポイントになっているようです。


以前僕が動物園で働いていた時、エミューの卵を5個くらい孵卵器で育てていて、4個は孵化したけど最後の1個がなかなか孵化してくれなかったことがある。
もうだめかなと思ったけれど、念のために卵に穴を開けて、そっと殻を剥がしてみた。
すると生まれましたよ!!!縞模様のちっちゃなヒナが不安そうに顔をのぞかせました。
僕はうれしくなってしばらくの間は大事に育てていたんだけど、大きな小屋で他のヒナたちと一緒にしたとたん全く見分けがつかなくなっちゃいました。。。

エミューを見るとあの時のせつない気持ちが思い出されるのであります。


山本つねおのホームページ



Australiaギャラリーはこちら
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ