FOXHEAD

自動車内装専門

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Lamborghini Miura interior Sr2

2014-09-30 16:45:21 | お知らせ
Lamborghini Miura interior Sr2

しばらく時間が経ちましたが、Miura interiorの第二弾です。

Lamborghini Miuraは 書籍で調べると当初は、販売の計画は無かったそうですが、ショーに出品した際に
余りの反響に、急遽販売を決定したそうです。

その書籍の通りに、各装着パーツは試作の段階を出ておらずに車両全体が試作みたいな作りをしています。

先ずは室内をレストアするには、何時の様に各パーツを車両から取り外します。

先ずは室内で一番面積を必要とするシートです。


シートを取り出しましたら 前後のガラスを取り外します。


此処でMiura特有のリャーガラスですが、Dinoに比べると約三倍の厚さがあリます。
これは横置きに搭載した、12気筒エンジンの熱と騒音を防ぐためと思われますが、大変に重量があります。

次の画像を見ますと、いかに室内とエンジンが近いか良く分かります。



前後のガラスを取り外しましたら、フロント部分から随時室内を構成する部品を取り外して行きます。

先ずはセンターメーターカバーから取り外して行きます。


カバーはFRP樹脂で出来ています。


センターメーターを取り外しましたらコラムアンダーカバーを取り外し、Miuraの特徴の素晴らしいデザインの
メーターフードを取り外します。






そして今回の問題のモデファイを施されてしまいました、グローブボックスを取り外します。



そしてセンターコンソールを取り外して


ヘッドコンソールを取り外します。


最後にドアーパネルを取り外していよいよ 室内レストアの始まりです。


そうそうフロントガラスを取り外してAピラーに直接ビニールレザーが張ってありますが、取る時には 配線が
バラバラにならないように気を付けて下さい。
Miuraは細いアピラーに配線を直接ボンドで、一本一本接着剤で張り付けたあります。


この辺は何とも試作車その物ですね。 (漏電によるショートが怖いですね)

続いてミウラの再生記録を連載いたしますので、楽しんでみて下されば幸いです。

クラシックカーは文化財で芸術品 是非大切して下さいね。

自動車内装 及びレザー製品のご相談はhttp://www.foxhead.co.jp 又はinfo@foxhead.co.jpまでお気軽にご相談ください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lamborghini Miura interior Sr1 | トップ | Lamborghini Miura interior Sr3 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む