gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東国原知事の公用EV、太陽光発電で動かす(読売新聞)

2010-02-17 10:59:45 | 日記
 宮崎県は、県庁内に太陽光発電装置を設置し、生み出される電気で動かす電気自動車(EV)を公用車として2010年度後半から活用する方針を固めた。

 関連事業費を盛り込んだ10年度当初予算案を18日開会の県議会に提案する。

 県は今年度補正予算で約2000万円をかけて太陽光発電パネルの設置を決めている。発電能力は一般家庭用の3倍に当たる10キロ・ワットで近く建設に取りかかる。

 さらに10年度当初予算で、EV用充電施設を整備する計画で、県の出先機関の数か所にも一般電源のEV用充電器を置く。予算案には約795万円を計上した。

 EVは日産自動車から1台貸与される。県と同社はEV普及に協力して取り組むと協定を結んでいる。5人乗りで、1回の充電で約160キロ走行できるという。東国原英夫知事が公務での移動に使うほか、イベントでの展示や試乗会を開いてPRする。

 2000年までの30年間の平均値で、宮崎県の年間の日照時間は2108時間、快晴日数は54日。日照時間は山梨、高知に次ぐ長さで、快晴日数も埼玉、静岡に次いで全国3位。

 こうした好条件を生かし、県は「みやざきソーラーフロンティア構想」を掲げて、大規模な太陽光発電施設の誘致などに取り組んでいる。東国原知事は「来年度は新エネルギーや太陽光発電の活用と低炭素社会実現に向けた施策に重点を置く。EVと太陽光発電の連動は象徴的な事業だ」と話し、今後はEVを活用する観光モデルの提唱も検討する。(毛利雅史)

<火災>名古屋市緑区でアパートの部屋燃える 男性が死亡(毎日新聞)
輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か(産経新聞)
排出量取引、来年にも関連法=温暖化基本法案の全容判明-環境省(時事通信)
首相自ら献金疑惑はらすべきだ、と谷垣氏(読売新聞)
寸借詐欺480回?兵庫県臨時職員を逮捕(読売新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石巻2人刺殺 南部さん、大... | トップ | HIV感染者減る!新型イン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。