78回転のレコード盤◎ ~ほぼ週刊サンマイ新聞~

日々思うことを原稿用紙3枚(1200字)以内で綴っていきたい

◎AKB総選挙5位・荻野由佳のスピーチが泣けるのは何故か

2017-06-19 10:12:42 | ほぼ週刊サンマイ新聞

 前回「アイドルのファンではない」と断言しておきながら、2017年6月17日に放送された『第9回AKB48選抜総選挙』を観て不覚にも泣いてしまった。そして今日録画を観直し、2回目でも泣いてしまった。僅か2回目の出馬にも関わらず7万票以上を集め5位という輝かしい成果を収めたNGT48荻野由佳のスピーチである。

 

 観ていない方はこちらの画像にてイメージしていただきたい。

 

(荻野スピーチ全文1/2)

 

(荻野スピーチ全文2/2)

 

 当方は余程のことが無い限り涙を流さないのに、このスピーチは本当に何度観ても心を揺さぶられる。それは何故なのかを自分なりに考えてみた。

 

(1)ありのままの本心を素直に話した

(2)名言を残した

(3)声が裏返っていた

 

 まず(1)は言うまでも無いことなのだが、AKB総選挙のスピーチは地上波やスカパーで生放送される都合上、おそらくほとんどのメンバーがあらかじめ文章を考えている。部屋の机で「この景色が見たかった」などの台詞を考え、それをそのまま発しているだけなのだ。それは場合によっては本心とは遠い言葉になりかねない(前述が本心なら部屋の窓から見える景色のことになってしまう)。荻野もおそらくは事前に考えていただろうし、文章の組み立ては完璧に近い。それでも本心を素直に話しているように聞こえたのは、スピーチのほとんどが「自身の過去の話」に特化していたからである。「この景色が見たかった」は壇上に立って初めて発生する気持ちだが、過去の話ならいつどこで考えても同じ文章になるわけで、しかも18歳とは思えないほど文章構成が完璧に近かったことで聞き手の共感を得ることに成功した。

 

 (2)はただただ凄いと思うばかりである。「『努力は必ず報われる』そんなもの嘘に決まってるじゃん」と、元メンバー高橋みなみの名言を一旦は否定し、聞き手を油断させておいてからの「私は、『努力は必ず報われる』を今、証明できていますか?」である。「証明できました」ではなく「できていますか?」と問いかけたのがポイントだろう。そして名言はこれだけではない。「私をアイドルにしてくれてありがとう」は、6年間苦労し続けた彼女だからこそ心に響くものがあった。

 

 そして(3)はOAを観ていないと分からないのだが、荻野の涙交じりの声は要所要所で裏返っており、聞き手の涙を誘う言い方になっていたのだ。滅多に泣かない当方がついに涙を流した決定打はそこではないかと思っている。

(※6/20追記:分かりづらくてすみません。声が裏返るほど泣きながら気持ちを込めて話していたことで、心からの熱い想いが伝わった、それが聞き手の涙を誘ったということです)

 

 そもそも荻野は速報で1位、しかもたった一日で5万5000票以上を集めており、不正投票や事務所による大量投票などの疑惑が浮上していたが、このスピーチを観れたことでそんなものはどうでも良くなった。裏でどのような力が働いていようが、彼女のたゆまぬ努力と成長は紛れも無い本物なのだから。

 

「梅雨最中Maxときで由佳5位へ」(徳光和夫)

 

(#23:1172字)

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◎アイドルのスキャンダルが怖... | トップ | ◎リザイン・ブルーになって社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ週刊サンマイ新聞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL