ライトヒッティングな生活

野球と平穏な生活を愛するblog

本当に、良かったです…(20091006vsE)

2009年10月07日 11時01分33秒 | 野球-マリーンズ
終わってみれば、素晴らしい試合、素晴らしいセレモニーになりました…


<試合の感想箇条書き>

○天気のことや応援のこともあり試合前から落ち着かず、ライブカメラで千葉の天気をチェックしたり、実況系のところを覗いたりしていたのですが、スタメン発表でなんだか一気にしんみりしてしまいました。「2番セカンド堀」「4番センターサブロー」って、なんだか思い出スタメンみたいじゃないですか…コーイチは残るでしょうけど、サブローはまだどうなるか分からない…これが最後の4番センターサブローだなんて言わないでよね、としんみりモードに…こういうのも含めて、最終戦なんだねぇ…

○そのサブローが久々のスタメンの第1打席、いきなり岩隈からソロホームラン!大事な試合で負けフラグは立てるわ、惜別の一発みたいに見えて複雑だわ、なんともいえない気持ちになってしまいました(笑)残って、欲しいなぁ…
○「思い出スタメン」なコーイチも、第2打席で貴重な同点タイムリーを放ちました。そしてそのまま塀ちゃんが代走に出て御役御免。こちらも、まるで引退するみたいに見えて、ちょっとドキッとしてしまいました。でもその不安な気持ちは、セレモニーの最後に解消されることになります。

○西岡の第1打席、初球打ちだったので、応援がどうかとかよく分からず。しかし第2打席からは、普通に応援をしているのが分かりました。普通というよりも、むしろいつもより気合が入っているようにも感じた。うん…西岡や選手たち自身がこれを望んでいるんですよね、だったらこれで、今までどおりでいいのかな…わたし自身のこの件についての気持ちの整理はまだついていないですが、このままなし崩しだとしても、元の平穏で熱いライトスタンドに戻るのなら、それはそれでいいのかもしれません、わたしが参加するかどうかは別にして…。

○2回の里崎の打席だったかな?コーリンやってましたね!何年振りというか、ボビーになってからやってないんじゃないかな…テレビの前でうわーうわーとテンション上がってしまいました。あと聞き逃したけどハヤカーの打席で垣内やってたとか?最終戦だから懐メロ合戦だったということでしょうか、いったいどういう風の吹き回しだったんだろう…

○先発のにゃーは5回までで100球を投げるという彼らしくない球数の多さでちょっとバタバタしていました。2回の2失点も四死球ふたつが絡んでますから、打球がベースに当たる不運もあったとはいえやはり勿体なかった。ただ、それでも走者を出しながらも2回以外は要所を締めて、7回まで投げきってくれたのはさすがです。本当なら勝利投手になってほしかったところですが、それはおぎと小宮山に譲った感じかな。彼の「復活」は今季ほんとうに嬉しかった。来季への手応えもきっと掴んだことでしょう。楽しみにしています。

○俊介の登板だけ、試合にちょっとミソつけたかなという感じではありましたorz 2死をとれば規定投球回達成だったのに、結局1死しかとれず走者をふたり残して降板…せっかくのボビーの配慮もものにできず、次のチャンスはあるのかなぁ…スイッチしたおぎが3球でゲッツーをとってくれたので事なきを得ましたが、危うく試合を壊すところでした。

○8回裏の3点は、気持ちの入った得点だったと思います。1点入って選手たちがあんなに喜んでるのを観たのも久しぶり。今江も里崎も、みんないい顔してたなぁ…変わってゆく時代に感謝を込めての8回裏。いいイニングでした…

○イーグルスも2位死守に必死なのでしょうが、マリーンズだって負けたくない試合。それに、ホークスは既に負けていたから2位マジックは減っているし、ファイターズはこの時点で同点で延長だったからどのみちそのまま優勝する可能性が高く、今日イーグルスを負かすことに負い目を感じることはない。心置きなく勝ってくれ!と、祈る思いで最終回へ。

○9回あたまはブライアンが登板。ポテンヒットで走者は出すものの2死2塁のシチュエーションを作って颯爽とマウンドから駆け下りていきました、かっこいい…お願いだから来季も残ってください、ブライアン。
○そして、小宮山の登板です。谷保さんの一瞬「タメ」を作ったアナウンスにグッときたなぁ…マウンドに集まってたボビーや選手たちの笑顔も良かった。そして3点リードで2死2塁、打者はセギノール、真剣勝負の引退登板は…1球で仕留めた!一瞬ヒヤッとしたライトへのライナーは、サブローが正面にまわってキャッチ。この瞬間、小宮山の最終登板は日本プロ野球史上最年長でのセーブ記録達成となりました。この人、ほんとに有限実行するんだ、とこのとき改めて感じたというか…とにかくすごい存在だったんだなぁと感じ入った…そしてほんとにやめちゃうんだな、と、初めて実感してしまったというか…この人が辞める日が来るなんて思わなかった…

○小宮山のスピーチ、良かったですね。あんな洗練された引退スピーチ、初めて聞いた気がします。そして「またこのユニフォームを着てここへ戻って来たい」という嬉しい台詞…引退会見のときの様子からは、もう球団に戻る気はないのかと思っていたから、リップサービスかもしれませんが、本当に嬉しかった。5年後でも10年後でも、小宮山という人間と彼の経験は、マリーンズの力になることと思います。それまでずっと待っていますから。

○そしてボビーの退団セレモニー。球場のビジョンに映るこれまでの思い出映像、特に2005年のものを見て、やはりしみじみと感謝の気持ちがわいてきました。ボビーとの6年間は、2005年のためだけにあったといっても過言ではなく、それだけでも充分にお釣りがくるほどの年だったと、改めて思った。そしてそれ以外の年も、楽しませてもらいました…。スピーチの日本語での「来年から僕は千葉ロッテのファンです」という台詞を聞いて、涙が出そうになりました。本当に、そうなってくれたらいいな。ボビーありがとう、本当に本当に、感謝しています。この6年間のことは一生忘れないと思います。

○ボビーが選手・スタッフひとりひとりと握手・抱擁しているシーン、泣いている選手がいっぱい居ましたねえ…ゴリなんて号泣してたし、塀ちゃんも泣いてた。塀ちゃんてそんな感情を露わにするような人だと思ってなかったからグッときたなぁ。里崎との熱い抱擁もよかった。ボビーに見い出された選手もそうでない選手も、いちファンになど想像もつかないようないろいろな思いがあるんだろうな、彼らにとってもこれからは大きな転換期なのだなぁと…改めて思いました。さよならボビー。

○ボビー、小宮山、ベニーちゃん、チェイス、バーナム、ランペンコーチら今季で退団する(と思われる)人たちが場内一周し、ファンにお別れを告げていました。戻ってきたところで、西岡がボビーの襟首を掴んで引きずり倒しw、そのまま胴上げへとなだれ込んでいました。ボビーは3回。ベニーちゃんが全然上がってなくて笑っちゃったり、高木さんが胴上げを固辞してたり、いろんな光景がありました。この人たちみんな居なくなっちゃうんだねぇ…(このときコーイチが、自分を胴上げしようとする選手たちから逃げ回ってたシーンを見て、こんな風にふざけられるのなら来季も大丈夫だなと安心したのです)

○始まる前は、不安でしょうがなかったホーム最終戦。でも終わってみれば、平穏に、あたたかく、ボビーたちを送り出すことができました。やればできるんだよね…なんとか最後までもってくれた天気も含め、本当に安心しました。本当に良かった。千葉で降り続いていた雨はきっと涙雨、今季流した涙も、洗い流してくれたと思いたい。そしてこの試合で感じたあたたかい気持ちを、ずっと忘れずに来季以降も持ち続けていきたいものです。


この試合のスコアはこちら(ニッカン)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホーム最終戦を前に思うこと... | トップ | 抜け殻、今季最終戦(2009100... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これから (xiaoxiaoli)
2009-10-09 01:20:56
台風は大丈夫でしたか?
仙台での今季最終戦はやっぱり、という感じで残念でしたね。
2009年のマリンスタジアム最終戦は本当に記憶に残る試合でした。(2F席では分からなかったことが沢山あったんですね!)とにかく勝てて良かったですし、球場全体、特に外野は盛り上がっていました。
小宮山のたった1球での最年長セーブ記録にも本当に痺れましたし、彼の言葉にも感激しました。。。
ボビーとは、福岡で外野にいたせいか、その時にお別れなんだと、じーんときていたのですが…。でも、こちらや他の方のブログや記事などを見聞して、セレモニーでの感動がジワジワと湧いてきました…。(遅い!)
そして、これまで私のロッテ熱が高まったのは全てボビーが監督していた時(95年、05年、07年、今年)だったことに気づき、改めて感謝と残念(いろんな意味で)な気持ちでいっぱいになりました。
ボビー、沢山の思い出を本当に本当に有難う~!!!
さあ、来年まで冬眠です。(^^;
xiaoxiaoliさんへ (forty-niner)
2009-10-10 00:35:51
仙台はさておいて(苦笑)、ホーム最終戦は本当に素晴らしかったですね…
今季こんなに胸を打たれる試合を見せてもらえるとは思わなかったです。
小宮山のセーブもコーイチのタイムリーも、8回の点のとりかたも何もかもができすぎで…
セレモニーも、そんなに大きく派手な演出があったわけじゃないのに、
すごく心を動かされてしまいました…
それもこれも、お客さんの気持ちと、選手たちの気持ちがあったからだと思います…
ボビーにもいろんな感情がありますが、でもやはり感謝の念がいちばん先に沸いてきます。
嵐のような6年間、面白い野球を見せてもらいました!

※台風は関西は夜中に通過だったのでなんとか大丈夫でした…関東では電車が止まったり大変だったようですねえ。

あわせて読む