人間万事塞翁が馬~膵内分泌腫瘍との共存

2008年、夫に膵内分泌腫瘍発覚、手術で切除したものの肝臓に再発。月一回の注射と検査とインスリン。

質問してみました

2017-04-04 22:09:16 | 闘病
3月も終盤の診察日。
先日受けたエコーとCTの結果を聞きに行きました。
スーテントを辞めた直後の画像と比較して
大きさや数は変わっていないけど
血流が少なくなっているとのことで
ホッとしました。
このままサンドスタチンでおさまっていてくれることを望んでいます。

昨年の7月でスーテントを止めたのですが、飲んでいる最中は「副作用のある生活」が当たり前でした。
下痢、むくみ、口内炎、高血圧、手足の荒れ…特に夫はむくみがひどく、一昨年の免許更新時の写真は別人のようです。
確かに転移箇所は小さくなったり消えたりしたものもあるので、効果はあったのですが。

ところでまる子さんのブログを拝見して、G2の患者は毎年オクトレオスキャンを受けた方がいいとのことで、夫の主治医にも聞いてみました。
「お友達のブログで読んだのですが、九州大学病院の先生がですね」
「ああ◯◯先生ね」←いきなり実名(滝汗)
主治医によると夫も出来れば毎年オクトレオスキャンを受けたほうがいいそうです。被曝量などは特に問題ないとのことでした。
「ただ3日間会社休むのもスケジュール調整が大変でしょ?だから都合のいいときにいつでも言ってね。」
確かに忙しい時期に3日間休むと、そのあとが大変。
でも今年中にはまた受けようかと話し合っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっという間に2月 | トップ | オクトレオスキャン2回目予約 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あかしまもよう)
2017-04-05 09:16:20
ドキドキのCTもサンドスタチンでコントロールできていて、ホッですね。
ロングサバイバー、長期戦を考えると少しでも副作用少なく、生活の質にこだわりたいですもんね。
あかしまもようさんへ (つぼみ)
2017-04-05 21:40:47
スーテント飲んでいる時期、側でみていて下痢とむくみは本当につらそうでした。QOLホントに大切です。薬の効果と副作用の兼ね合いは難しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。