人間万事塞翁が馬~膵内分泌腫瘍との共存

2008年、夫に膵内分泌腫瘍発覚、手術で切除したものの肝臓に再発、今は薬を飲みながら毎月検査に通う日々。

インスリン始めます

2016-10-18 21:47:56 | 闘病
今日は消化器外科と糖尿外来の診察でした。

消化器外科では特に変わったこともなく
次のエコー検査や診察日の予約をしました。

同じフロアにある糖尿外来では
いつも待たされるのに早めに呼ばれて
私は待合室で「ラッキー!」と呑気に思っていたのですが。

診察を終わって出てきた夫が
「インスリンを打つことになったから。
この後看護師さんから説明があるから一緒に聞いてね。」

えっ? インスリン?

「空腹時血糖が170を超えてるのと、C-ペプチドが毎回下がってるから
インスリンを始めましょうということになったよ。」

つまり今まではインスリンの分泌を促す薬を飲んでいたが
手術で膵臓の体尾部を三分の二切っているため機能が弱い。
だから薬を飲んでもインスリン分泌が減ってきているような
検査結果がみられる。(C-ペプチドの量の検査)
このままだと残った膵臓の機能が疲弊していく恐れがあるため
インスリンを使った方がいいとのことでした。



そのあと1時間かけて看護師さんから
インスリンの注射と自己血糖値測定の説明と実習がありました。
夫の場合、インスリンは寝る前に一回打つことになりました。
毎回取り換える針などはペットボトルに入れて
次回の診察時に持参すれば病院で廃棄してくれるとのことでした。


私は「毎晩インスリンを注射すること」が突然始まってびっくりしてますが、
夫は「予想してたから別に~」とケロリとしています。
先ほど初めて打ちましたが、手順は看護師さんの説明を確認しながら
すんなりと問題なく打てました。
習慣になってしまえば問題なさそうです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三回目のサンドスタチン | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (myu)
2016-10-21 12:01:13
つぼみさん、おひさしぶりです。
体部と尾部からインスリンでてるから
頭部手術の人よりは確率高くなるそうですね。


器具もどんどん使いやすくなってるし
インスリン注射も慣れれば平気みたいですね。
(私は頭部だけど遺伝的に高いのもあり、
入院中の二ヶ月ほどだけおせわになりました)

低血糖にはお気を付けくださいね。
myuさんへ (つぼみ)
2016-10-22 05:59:21
myuさん ありがとうございます!

なんとなくインスリンって毎食後に
太ももに打つイメージがあったので
1日1回(24時間効くタイプ)とか
腹に打つとかいろいろ意外でしたよ。

薬局で低血糖になったら舐める
ブドウ糖をサービスで頂いちゃいました(笑)
低血糖の説明もされたけど怖い…
気を付けますね!
Unknown (マキ)
2016-10-24 23:50:46
お久しぶりです‼︎
いつも、ありがとうございます。

インスリン注射、私はもうすぐ一年になりますよー。朝2回、昼、夜…計4回打ってます。
寝る前に一度打つだけなら、私のよりも膵臓働いてるのかもしれませんねー。
低血糖は、一度なると…「あぁ、くるかも‼︎」みたいな感じで早めにわかるようになりますよ。
私の場合は、手足が痺れてきて、体が痙攣してきて…硬直してきます。
そしたら即ブドウ糖。すぐおさまります。

今年は、なんだか寒いので…風邪ひかないように気をつけましょうね☆
Unknown (つぼみ)
2016-10-27 10:35:26
マキさん コメントありがとうございます!
お久しぶりですね(*^^*)

看護師さんから低血糖について
さんざん脅されてビビっていたので
マキさんの経験談参考になります!
インスリンを打つのはだいぶ
慣れてきたみたいですよ。
でも血糖値を測るとき時々失敗してます(^^;)
チックンしたのに血がでなかったり…
手足が冷え性だからかな?と
推理してますが(きっと違う?)
今週末雪みたいですね~。
身体に気をつけてお過ごしくださいね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。