好きな音楽をただ語れ(12) 夏の終わり。 - カトカト日記 ~霊園・墓石の株式会社加登 公式ブログ~

好きな音楽をただ語れ(12) 夏の終わり。

皆様おはようございます。
「お墓の加登」広報スタッフブログ「カトカト日記」をいつもご覧いただきありがとうございます。

一昨日の晩に、今年最初で最後の花火をしました。
息子の夏休み中にするつもりで7月に買っておいたのですが、どういうわけか機会がなく9月も半ばになってようやく念願を果たしたのでした。




最初は怖がっていた息子も、何とかひとりで手持ち出来るようになりました。
緊張のあまり顔が引きつっていますが・・・。




夏ももう終わりだなあ、と少し寂しくなってみる。




夏の終わりに決まって聴きたくなるアルバムがあります。
イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」です。

1976年発表。
余りにも有名な表題曲は皆さん一度や二度は耳にしたことがあると思いますが、アルバムを通して聴いてみると、むしろ表題曲が「オマケ」に思えてくるから不思議(僕だけ?)です。

<収録曲>
1.Hotel California ホテル・カリフォルニア
2.New Kid in Town ニュー・キッド・イン・タウン
3.Life in the Fast Lane 駆け足の人生
4.Wasted Time 時は流れて
5.Wasted Time (Reprise) 時は流れて(リプライズ)
6.Victim of Love 暗黙の日々
7.Pretty Maids All in a Row お前を夢みて
8.Try and Love Again 素晴らしい愛をもう一度
9.The Last Resort ラスト・リゾート


2と9がとても好きです。
1のちょっとクサめのアルペジオがフェイド・アウトした直後に流れてくる、イントロのオルガンがたまりません。

同じアメリカ西海岸出身のビーチ・ボーイズは真夏の音楽ですが、イーグルスのニヒルな世界観は何となく「夏の終わり」なんです、僕にとっては。
小学生の頃、夏休みの終わりというのは胸をえぐられるような、本当に切ないものでした。
そんな原風景が蘇って押し寄せてくるような、素敵なアルバムです。



ほっとする動画配信中!



<関 連 記 事 (音楽ネタ)>

◆好きな音楽をただ語れ(17) '13'   blur

◆好きな音楽をただ語れ(16) John Coltrane - A Love Supreme

◆好きな音楽をただ語れ(15) やめられない止まらない曲~サニーデイ・サービス「セツナ」

◆好きな音楽をただ語れ(14) 愛する人と聴きたい。 ~サニーデイ・サービス「One Day」

◆好きな音楽をただ語れ(13) The Kinks

◆寒い冬に疲れたら、cake。


◆好きな音楽をただ語れ(11) 癒しのポップミュージック。

◆好きな音楽をただ語れ(10) 「甲州街道はもう秋なのさ」のつもりでしたがやっぱ「ヒッピーに捧ぐ」かな。

◆好きな音楽をただ語れ(9) My Best Beatles.

◆好きな音楽をただ語れ(8) ”A LONG VACATION” 大滝詠一

◆好きな音楽をただ語れ(7) ゲスの極み乙女。

◆好きな音楽をただ語れ(6) ”Pet Sounds” The Beach Boys

◆好きな音楽をただ語れ(5) ちあきなおみの表現力に跪きましょう。

◆好きな音楽をただ語れ(4) 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」

◆好きな音楽をただ語れ(3) Stevie Wonder & Jeff Beck - Superstition

◆この素晴らしき世界 (What A Wonderful World)

◆好きな音楽をただ語れ(2) 「ハチミツ」 スピッツ

◆好きな音楽をただ語れ(1) ”Strange Days(まぼろしの世界)” The Doors



 関西の霊園・墓石・仏事法要の情報満載! 加登HPは画像をクリック


 関東の霊園・墓石・仏事法要の情報満載! 加登TOKYO HPは画像をクリック


   フォロー大歓迎! 加登 公式 Facebook も画像をクリック


   ブログの更新をいち早くお知らせ! 加登 公式ツイッターも画像をクリック


   フォロー大歓迎! 加登 公式 Instagram も画像をクリック


  手元供養品【SAMSARA】ECサイトはこちら
« 十五夜と海月。 明日香村(奈... »
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。