「梅田」をどうやって表現すればよいか悩んでしまった件。 - カトカト日記 ~霊園・墓石の株式会社加登 公式ブログ~

「梅田」をどうやって表現すればよいか悩んでしまった件。

皆様こんばんは。
本日も加登(公式ホームページはこちら)の広報スタッフブログ「カトカト日記」をご覧いただきありがとうございます。

>>加登のオススメ公園墓地 平成29年5月度チラシはこちら

期間限定・現地見学会スケジュール!
霊園名をクリックすると詳細をご覧になれます。

>>あべの・駅近! 泰清寺墓地(大阪市阿倍野区)
>>明日オープン! 京都上鳥羽霊園(京都市南区)
>>いよいよ今週末限り! 枚方御殿山霊園(大阪府枚方市)
>>明日18日より見学会開始! 南生駒霊園(奈良県生駒市)





先日オープンしたばかりの屋内墓地(納骨堂)「大阪みやこ霊廟 縁凛堂(おおさかみやこれいびょう えんりんどう)」
梅田駅からバス+徒歩、または電車+徒歩で10~15分程度という便利さが自慢ということで、今日は動画と静止画で梅田駅からのアクセスを撮影してきました。

おかげでたくさんウォーキングしましたよ。







さて、「梅田から近い」を表現するために、梅田の絵をワンカット押さえておく必要があったのですが、いざ現地に着いてみると何とも悩ましい。

写真は地下鉄御堂筋線「梅田」駅改札を出たところですが、この1枚をもって「梅田です」と言い切ってしまう自信が私にはありません。




これなんかどうでしょう?
JR「大阪」駅は阪急、阪神、地下鉄「梅田」駅に直結しているわけですから、間違いではないのですが・・・。




う~ん、これもちょっと違うかなあ。




これでどうだ!
今の梅田ってこうじゃないですか?
違いますか?




大阪市バスのターミナル。
奥の建物はJR大阪駅。
良い線いってると思うんですが、これだけ見て「梅田」と認識してもらえるかは微妙ですね。




街頭インタビューのメッカである歩道橋(バックはもちろん阪神百貨店)が現在閉鎖されているため、梅田らしい梅田の絵を撮るのが凄く難しい最近の梅田でした。




それにしても、キタも随分変わったものですね。
今もなお至る所で工事をしています。
これからも日々姿を変えてゆくのでしょう。
通っていた高校が梅田駅の手前にあったせいか、気がつくと降りるべき駅を通り過ぎて梅田に着いていた、みたいなことが度々ありました。
そのままふらふらと街を逍遥してみたりして、だからと言って何か思い入れがあるかと問われれば何もなくて、とりあえずあの頃とはまるで別の街になったなあという、ただそれだけの話であります。



加登各店のスタッフブログも更新中!  霊園(店舗)名をクリックしてください。

大阪みやこ霊廟川西中央霊園はびきの中央霊園・奈良橿原店大阪泉北霊園四条畷霊園大阪霊園明治の森霊園堺店・岸和田営業所西宮店・神戸店・宝塚営業所飯盛店湘南ふじみ霊園


  関西の霊園・墓石・仏事法要の情報満載! 加登HPは画像をクリック

  お墓のリフォーム・引越し専門部隊【お墓のお医者さん】ホームページは画像をクリック

  フォロー大歓迎! 加登 公式 Facebook も画像をクリック

 ブログの更新をいち早くお知らせ! 加登 公式ツイッターも画像をクリック
« 合同供養祭を... ブラシの木の... »
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。