世界のお墓シリーズ 第14弾 - カトカト日記  川西中央霊園篇 ~川西・尼崎・伊丹・宝塚・西宮・能勢・池田・豊中でお墓のことならおまかせください~

世界のお墓シリーズ 第14弾

こんにちは川西中央霊園のお墓マイラーのです。

世界のお墓第14弾は、中東の国オマーンです。オマーンの町外れに小さな小石が立ち並んだ空き地は、墓地である可能性が高いそうです。

イスラム教の宗派のひとつでイバード派があり、特にオマーンはこのイバード派の方々が多いそうです。

このイバード派の死生観が、「貧乏な人も、金持ちな人も、身分の高い人も亡くなればすべて等しく土の下だ。亡くなった後に大きなお墓を建てたり、

名前を刻んだりするのは、イバード派の方々はムスリム(イスラムの教え)に反するとのこと。

日本のような先祖を敬い、故人を偲び、お墓参りを欠かさない風習もいいが、オマーンのイバード派の考え方もそれはそれで一理あると思います。


photo by ">Eric Lafforgue




photo by rougetete




墓じまい&お墓の移転の事は川西中央霊園コチラ

« ダイエーイベント 川西中央霊園... »
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。