沖縄での一人暮らし

再び、沖縄での一人暮らし。歴史・自然・文化を伝えます。

火花

2017-03-13 | 生活

空港で時間があったので、累計300万部突破した話題の本を読んで見ることに。
売れない芸人の苦闘生活を書いたもので、読みやすい。

俳優は、物語の登場人物に観客を一体化させることが目的で、演技指導や監督の元に、自分を表現していく。

芸人は、笑わせることが目的でシンプル。お客さんが笑うか笑わないか、ネタ、掛け合い、間合い、表現力を磨く。

笑わせているのか、笑われているだけなのか。

自分では面白いと思うものが、なかなか評価されない。
お客さんに迎合していくのか、新しい笑いを創造し自分の価値を見い出すのか。

定職に就けば暮らしていけるのに、10年もアルバイトしながら芸人を夢見て、多くが挫折していく世界。

作者の又吉さんは芸人だから、芸人の立場を大好きな太宰治に重ねて描いたのではないかと思う。

表現力や例えなども丁寧に推敲されていて、驚きもあり、読んでいて楽しめます。

オチをどうするかとても悩んだと思うけど、それなりの結末にしてくれています。

次作も読んでみたいと思いました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガジュマルの樹の下で | トップ | 国頭港食堂 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドラマで (フーミン )
2017-03-13 21:52:13
読まれたんですね。私はNHKのドラマで
見ていますよ。原作は読んでいませんが。

次作の予定もあるんですか。どんな内容に
なるんでしょうね。

ヤモリ君元気で良かったです。
フーミンさんへ (forever-green)
2017-03-14 07:51:18
NHKのドラマはいかがですか。
芸人の暮らしが、俳優にどのように表現されているのか、怖いような感じもあります。

次作に取り組む又吉さんの生活をテレビで偶然見ました。小さなアパートを仕事部屋にし、編集者の要求に応えようと格闘し、豊かな表現力が引き出されていました。

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL