陶芸教室/森魚工房・しはんのひとりごと

工房しはんが陶芸を通して、日々にふと感じたり、深く想ったり、ひらめいたり、バカバカしく考えめぐらしたりしてることです。

なかよしコンビ

2016-09-30 23:09:59 | Weblog

河鍋さん作、お孫さんのためのウサちゃん皿。
以前につくったものは、耳が外縁から飛び出てたので、割れてしまったそうで・・・
今回はそれを踏まえて、レリーフ状に「厚み方面に」飛び出させました。
ちょこっと立体ってだけで、なかなかの存在感。


宮下さんは、しばらく格闘してた輪花鉢が完成。
端正な焼き上がりになりました。


ここまで形を動かしたものが食卓にでんと出てくると、目を引きますね。
お菓子でも、フルーツでも、あるいは魚の焼き物を盛ってもいいかな。
高台も高くて、みやびやかです。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« sum-mer night | トップ | 赤と黒・スタンダール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿