陶芸教室/森魚工房・しはんのひとりごと

工房しはんが陶芸を通して、日々にふと感じたり、深く想ったり、ひらめいたり、バカバカしく考えめぐらしたりしてることです。

最終段階・・・?

2017-06-16 00:40:00 | Weblog
昨日はご心配とご迷惑をおかけしまして、すいませんでした。
スエコ・ハンドレッドは、しはん作の抹茶椀をあげて足をモミモミしたところ、今しばらくもちそうな雰囲気に。
やれやれとまた新幹線で東京に戻ってきました。
今日はもちろん、オープンですよ!


こんなタイミングですが、本づくりがいよいよ完成の段階に。
帰省前に、7月に出版される「陶芸道場/手びねり編」の最終校正をやっつけました。
まったく、なんて量の原稿を確認しなきゃならないの・・・?


オレはぼんやりとその場にいただけですが、編集長と野田御大のふたりは、ものすごい精度で文字の間違いやらプリントミスやらのアラを捕捉します。
読み込む密度が違いすぎる・・・
まるでワラ小屋の中から針を探すような作業。
著者のオレが「これでぜったい大丈夫!」と太鼓判を押した原稿の中から、100個ばかりも間違いを見つけてしまうんだから、まったく恐れ入ります。
感謝感謝の精密さ、生真面目さ。


二人三脚で、と言っていいほどお世話になってる野田耕一さんと、初めてのツーショット。
結構照れますな。
「陶芸道場」は、5000部刷ってもらえるそうです。
欲しいひとは、手をあげて〜!

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臨時休業のお知らせ | トップ | 釉掛け祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。