森の内燃機屋

F6AやK6Aを中心にオーバーホールを行っています

DA64V 660cc エンジン完成

2017-06-18 08:37:18 | K6A



DA64ターボエンジンが完成しました♪




最後シムがなかったので


遅れてしまいましたが








ちなみにシムは


なるべく一本のカムシャフトに対して


ばらつくのは良くないですから





2,70と2.18が同軸に居ると、、、


重さも違う為




高回転でバラつくに決まってる



かといってスプリング強化すると




抵抗が増えるので


660ccとういう小排気量は得にフリクションは少ない方がいい



シムは軽い方がいいし


同軸でばらつきが少ない方がいい



そう思いませんか?




というより、そうなんです(笑)



それにしても


それに比べて

F6Aシングルカムの便利さと言ったら!




K6Aのシムのばらつきを抑えるために



命かけて奮闘していたら




時間がかかるΣ( ̄ロ ̄lll)



F6Aシングルカムはあっという間ですが



K6Aでシートカット、バルブ、リフターで調整してってやってると



二、三日かかる





ボーリングの次に時間を喰われるポイントですが




なんせ命かけてるので




ポート研磨は、、、


意味があるのは形状変更であって
磨いても磨かなくても


あまり差がないですが



それは私が体感するだけでなく



昔から磨く派磨かない派

二分して統一されないので



大きな差はないのでしょう


ポートが磨いてあって良いポイントは

観た人の事だけだと思います




(研磨は磨いてるイメージなので、この際ポート形状変更と言うことにします)



カムは直接パワーに影響する部分ですし




力を入れます




要点を抑えることが大切




本日送りたいです




今しばらくお待ちください♪


あーウエットブラスト欲しい




フォレストエンジニアリング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あったものをなかった事には... | トップ | スーパースターになったら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL