森の内燃機屋

F6AやK6Aを中心にオーバーホールを行っています

皆さんにK6Aの極意をお教えしましょう🎵

2017-04-23 15:26:31 | K6A



今日は日曜日、


アクセス数600件と格段に跳ね上がる

曜日ですので





K6Aの極意!


ぼんやーーり

お教えしましょう!


あまり詳しく語ってしまうと


ブログ書くだけで日付変わりそうなのと

大切なノウハウ流出させてしまうので

気になった方はコメント欄やTwitterにでも


お問い合わせください🎵




さて!


K6Aの極意!



今日はポート研磨について


すこーーーーし話そうと思います





皆さんポート研磨の注意点&ポイント


ご存じですか?



人それぞれ こうしなきゃダメ!

とかあると思いますが



私はあまり大きくしません♪




なぜか‼




流速が下がるから


流速下がったら意味なし!



デチューーニングエンジンの完成です🙋



空気になったつもりでとか たまに聞きますが


空気になったことないし分かりません(ФωФ)
(キッパリ)



そんな、事より理論です!



女性は感情的な生き物と言いますが


乗り物は女性



船の航海日誌を記載するときは

船は She


彼女です。


それは飛行機も同じです。


つまり車も女性のはず!



しかし乗り物は理論です。


空気の気持ちになっても速くなりません!




なので理論的に考えましょう(^_^)




K6Aのポイント



あまり大きくしないことです!




K6Aの削るべきポイントは3つ!


ここは教えられませんが

明らかに流れが悪い部分があります

眺めてください🎵


多分わかります


そこを削ったとしても 他を大きく削ってしまうと台無しです

デチューーンエンジンになって

混合気が入っていきません(^^;



それに元々あまり強度的に強くない

ヘッドを大きく削ると

また強度低下に貢献してしまいます♪



強度低下にデチューーンエンジン


最悪な流れとエンジン





特に排気をバカみたいに大きくすると


K6A尚更トルクスッカスカだし

ターボラグ凄いし


そこにハイカム入れると

カスエンジンになります(*^^*)




理論的ではなく


感情的に大きくすればいいだろうという

結果が悪い方向にいくのです‼


ポート研磨してある!ってインパクトがない?笑っ

そんなことどうでもいい!!

速ければいい!!


どうせ組めば隠れるのだから!!!



と、こんな所にしておいて





それにしても

スリーブ対策をして

強化ヘッドガスケット入れて


しっかり組めば以外と壊れないね

K6A


F6Aが頑丈で良いですけど

K6Aは造り手で耐久性が大きく変わるエンジンだから



面白い!!笑っ


ハマってます🙋



フォレストエンジニアリング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ、純正で大丈夫!なんて... | トップ | このブログ、Twitterは当社の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

K6A」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL