森の内燃機屋

F6AやK6Aを中心にオーバーホールを行っています

さて、止めを刺します

2017-06-09 23:16:34 | K6A



660cc仕様のDA64ターボエンジンに


カムシャフトの

悪巧みを施す前に



もっと根本的な悪巧みを考えています



悪いやっちゃで‼(ФωФ)





話は変わりますが


実は私



F6Aを高校の時から

オーバーホールしているんです


初オーバーホールは
アルトワークスのシングルカムでした



父の英才教育


とまではいかないものの


必死こいて 蚊に集中攻撃されながら
高校でエンジンを降ろし


今でもヒーターコアへと繋がっている

ホースが抜けず



イライラしたのを覚えてます



最終的に切断してやりましたが(ФωФ)


元々父が軽四の耐久レースに出ていて

そこからなのか


途中なのか


最後は
うちにアルトワークスがやって来たのが運の尽き



軽自動車の面白さを改めて感じた1台です



速い車が好きならスポーツカーに乗ればと

言われますがそれでは納得いかない私




軽自動車の660ccからどれだけ
パワーを絞り出せるか


考えることが多く
自由な発想で良くしていくことが出来る


エンジンであり車体



面白すぎて わくわくが止まりません👿👿




とは言っても



エンジンのパワーを引き出す方法は
既に沢山出ている

所により そんな技術の寄せ集めですが

良いと思える技術の寄せ集めを
形に出来るのか出来ないのか



例えばスポーツカー等
他のエンジンを見て 何を盗み 何を感じ取れるか!




ただ漠然と凄いと思うだけでなく

インスパイアされて
その見たもの考え付いたものを

別のエンジンに活かせるか!





そこが大きな違いであり
大きなキーポイントです




次の形にするアイディアも
一般的ではないものの


確実にこの世に あるものです


ちょっと捉え方 施し方が違うだけ👿




素材を今日発注したので



早く届いてくんないかな( ̄ー ̄)




久しぶりにしましたが
夜のドライブいいですね


ライナーの設計を少し変えたので

図面を届けに ドライブ



鹿やタヌキが出てきて、こんばんはしますが


良いものです



おっと!

語りすぎました


明日も頑張りましょう!

フォレストエンジニアリング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪巧み DA64ターボ | トップ | 塊が届きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

K6A」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL