フォレスタの散歩道(パート2)

70歳の誕生日に500号に達したのを機に、散歩道の友「季節の花」に別れを告げ、日本語教師の中国滞在記を連載してみたい

性懲りのない稲田防衛相の問題発言/稲田・豊田問題、テレビ各局の取り上げ方/やはり銀座だ「GINZA6」

2017-06-29 18:45:04 | 日記

   またまた稲田防衛大臣が軽率な発言で問題になっている。これまで失言の数々で物議をかもしたり、国会で進退問題に発展したり性懲りもないお人である。腕ききの弁護士出身ということだが、国会議員としては信じ難い資質である。
   今回は都議選で板橋区の自民党公認候補に「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いをしたい」と応援演説をした。防衛省や自衛隊が自民党の組織であるかのような発言が大問題になることは当たり前。特に戦闘組織の自衛隊を前面に出して選挙協力を要請するなど言語同断。何度問題失言を繰り返すのであろうか。これが他の大臣ならまず間違いなく更迭されているであろう。先の豊田絶叫暴言議員は直ちに離党を余儀なくされた。しかし稲田大臣は安倍首相お気に入りの秘蔵っ子で、彼女を切ることは自分の顔に泥が塗られることになるので、とことん守り続けている。節操も潔さもなく、まあ見苦しいことこの上ない。他の自民党議員も口出しが出来ず、苦々しく口をつぐんでいるしかないのか。都議選では逆風が吹く自民党の候補者たちには「もういいかげんしてしてくれ!」と叫びたいところであろう。

   ところで現在話題になっている稲田・豊田両問題に対しての各テレビ局の取り上げ方について、今日の朝刊のテレビ欄に出現している数を比較してみた。NHK総合は両者ゼロ、日本テレビは稲田1+豊田1、テレビ朝日は稲田4+豊田2、TBSは稲田4+豊田4、テレビ東京は両者ゼロ、フジテレビは稲田2+豊田6となっている。
   私はこれを次のように見ているのだが如何なものであろうか。
  ➀NHKはニュースでは放送しているが、あとはスキャンダルとして政治問題化を避けている ②日本経済新聞系列のテレビ東京は政治問題は始めから扱わない ③政府・自民党寄りと言われる読売新聞系列の日本テレビはこの問題を避けて通りたい意向が見える ④最も右寄りと評される産経新聞系列のフジテレビは圧倒的に豊田問題を取り上げ、都議選への影響の大きい稲田問題をカモフラージュしている ⑤政府・自民党に批判的なスタンスの朝日新聞系列のテレビ朝日と毎日新聞系列のTBSは稲田発言を重大問題視して取り上げている。

   都心で昼食をした後時間があったので、一人で銀座に出て今話題の商業施設「GINZA SIX」に寄ってみた。オープンして間もないからか、平日というのに外国人を含めて大変な客の入りであった。お目当ての観世能楽堂がある地下3階には入れず、地下2階でジェラートを食べた後、下層階の美容品フロアーを飛ばして6階の蔦屋書店とレストラン街を目指した。エスカレターで昇るとまず目に付くのが6階までの吹き抜けに吊り下がっているバルーン様のオブジェ。赤い水玉模様のそれは素人目にも草間彌生の作品と分かる。帰ってからネットで確認したらやはりそうであった。カボチャをイメージした作品とある。
   蔦屋では斬新な書架とゆったりした試読のスペースに驚いた。私が知らないだけなのか、今まで見たことがないスタイルの書店であった。また6階から直行のエレベーターで上る屋上庭園もなかなかしゃれていて、銀ブラ客のオアシスになりそうだ。緑の木陰や芝生、子どもが遊べる水場などがある。桜の木がかなりの本数植えられていて、春には花見もできそうである。
   ありきたりのショッピングモールなどでは済ませられない、「やっぱり銀座だな」という感があった。

写真は順に、吹き抜けを飾る草間彌生の作品、斬新な蔦屋書店の書架、試読などが出来るゆったりしたスペース、緑や水場のある屋上庭園
     
                      

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日中戦争及び南北朝鮮問題に... | トップ | 都議選は明日投票日、天気の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事