活字日記

毎日読んだ活字系(雑誌、本、新聞、冊子)を可能な限りレポートします。

【6月30日】

2017-06-30 | 新書

朝鮮は2000年の歴史のうち1000回も異民族の襲撃を受けてきたそうです。そういうことを背景に、朝鮮ならではの文化が生まれたと思われます。二股外交、二枚舌、寝返りと裏切り、復讐などなど。あまりきれいな言葉は並びませんが、高麗史を読むと以降の歴史でも同じことが繰り返されてきたとわかり、現代の政治もその延長にあるように思われます。そこに日本が日本の感覚で話せばわかると近づいても、こちらが手玉に取られてしまうのですなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【6月29日】 | トップ | 【7月1日】 »

コメントを投稿

新書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。