活字日記

毎日読んだ活字系(雑誌、本、新聞、冊子)を可能な限りレポートします。

【10月19日】

2016-10-19 | 文庫

本当はひどかった昔の日本、今日は読み終える予定でしたが、つい車中居眠りで進みませんでした。生類憐みの令というのは将軍綱吉を語るうえでしいて言えば悪法の典型とされていましたが、最近は綱吉の見直しもあり、憐みの令が必ずしも悪法ではないのではという声も増えています。犬を大事にせよというのが昔の時代劇で散々言われてきて刷り込まれてきのですが、この法によって、捨て子、捨て病人、捨て牛馬の禁止というのが初めて制定されたのでもあるそうです。それまでは自由だったということです。社会的弱者への思いやりの萌芽であったということですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【10月18日】 | トップ | 【10月20日】 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。