活字日記

毎日読んだ活字系(雑誌、本、新聞、冊子)を可能な限りレポートします。

【10月14日】

2016-10-14 | 新書

今年の重力波の発見ニュースがなければ、これだけ重力波に関する本や、ニュースが出ることはなかったですね。重力波は宇宙論でなかなか解明されないことを解く手掛かりになるそうです。今は宇宙創成にどこまで迫れるかというと、ビッグバン後38万年後までなのだそうです。それは宇宙背景放射からわかることで、これより以前のことは電磁波に頼ることができません(光がまっすぐ進むことができない時代なのです)。そこで重力波、それもビッグバン以前のインフレーションで起きた重力波を捕まえようということになっているそうです。簡単にはできないのですが、いつかそれも捕まえて宇宙開闢に迫れると時が来るでしょう。

「重力波とはなにか」安東正樹 ブルーバックス

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【10月13日】 | トップ | 【10月15日】 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。