陳 満咲杜の「為替の真実」

陳満咲杜のFXブログです。ブログ引っ越ししました。新ブログはhttp://chinfx.blog136.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

懐疑の内に育つドル高相場

2008年03月25日 00時24分53秒 | 市況の真実
急遽台湾講演が決まり、今台北のホテルにいる。

上の図面は今回講演のタイトル、ドル高がすでに進行していると主張するつもりだ。

当方の主張に違和感を感じる方は台湾にも多いかもしれない。というのは、丁度台湾の総統選が終わったばかりで、国民党の勝利を以って株高、通貨高の市況となっただけに、台湾のセンセイ達が競って台湾ドル高/ドル安、株高の「絶対性」を熱く語っている。

だが、昨年日本の自民党参議院選の結果と市況の関連に鑑み、政局の相場への影響は結局短期的なものに留まる、という教訓があった。もっとも、日本でも昨年多くの評論家達が自民党の惨敗を根拠に、円安を予想したが、そのあと君子豹変ぶりを発揮して円高に転がり、本日では90円、92円など目標値を出しているのと同じく、台湾にも多くの「豹論家」が後で出てくるかもしれない。センセイ達の素性は案外世界共通だ。

昨年7月ごろ、私が台湾で「ドル崩壊」とのタイトルの講演を行った際、所謂プロと一般投資家の両方から懐疑と批判の声があった。台湾マネー誌のインタビューを受けたが、現地銀行系アナリストが真っ向から反論を述べた文書と一緒に掲載されていた。が、先ほど本屋で立ち見していると、台湾の経済誌には「ドル崩壊、ドル底なし」といった論調が圧倒的だったことに気付く。相場は常に懐疑の内に育つもの、だからドル高がすでに進行していると言えよう。

ちなみに、今朝、家から出発しようとしていた際、テレビにあのボクシング「亀田3兄弟」の長男・興毅氏のインタビュー映像が映っていた。「最近気になるニュースは?」との番記者の質問に、彼はなんと「ドル/円100円割れ」と「サブプライム問題の底が深い」と答えた。これは恐ろしい!目下「プロ」及び「元プロ」達も同じことを言っているではないか。だから、ドルの全面安はすでに終了したか、終焉に向かいつつある。

この見方が正しければ、今後このジンクスが生まれるだろう。即ち、ボクシング選手が「プロ」及び「元プロ」達と同じことを言い始めたら、相場はすでに変調しているとのこと。

また、上野公園の桜がすでに咲き始めたとの報道もあった。1月23日ツー・ビッグ・ツー・レイト?にて述べた「桜の満開とともに、円もわが春を謳歌するか」は概ね達成されたようだ。日本に戻ったら、家内を誘って、花見に行きたい。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ジャンル:
ウェブログ
Comments (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大局観 | TOP | インタビュー記事 »
最近の画像もっと見る

11 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
相場観 (初心者kt)
2008-03-25 06:04:07
おはようございます。
そして
お見事です。
ある意味うらやましい、憎たらしいと。

シグナルを参考に自分自身で絶えず「利益を伸ばす」事に努力しようとがんばっています。なんとなく陳さんの注意書きの意味が分りかけています。でもまだ線の引き方など勉強ですね。陳さんの出す本ではテクニカルなどの勉強はできますか?
Unknown (りん)
2008-03-25 12:25:13
今日の先生はユーモアたっぷりですね!
思わず声を出して笑ってしまいました。
「プロ」「元プロ」「ボクシング選手」のコメントに今後とも気をつけたいと思います。

P.S 先生のセミナーの抽選に外れてしまいました。
次回はなんとか・・・よろしくおねがいします。
それにしても会員優先ではないんでしょうか?あ、これは先生ではなくイーストヒルさんに言ってます。
会員も有料でいいので、もうすこし人数の入る場所でセミナーを開催してください!
靴磨きの少年 (CLOUD9)
2008-03-25 15:32:27
まさに、「靴磨きの少年」の話ですね。w
私の尊敬する師は、アメリカの不動産バブルがはじけようとしていた頃、スーパーのレジ打ちのおばさんが不動産を買う事をしきりに薦めている話を聞いてその後の暴落を確信したようです。w
私はFXに関して、円安が丁度天井を打とうとしていたまさにその頃、こぞって主婦層がこの業界になだれ込んで来た様子を見て察知した記憶があります。w
それらは、滑稽な程確かなバロメーターになり得るものですね。(笑)
(主婦の方全てが愚かだという事ではありません。)
巷で「投資は危険だ」と言われる所以が、ここにあるようですね。

商品先物取引 (CLOUD9)
2008-03-25 18:10:51
陳様、こんにちは。
ブログの趣旨から全くはずれますが・・
私は、2,3年前から商品市場に着手したかったのですが、未だにある理由により着手に至っておりません。
それは、日本に於ける商品先物業者の信頼性が著しく欠如している事に尽きます。
事前にこの業界周辺事情を独自で調査をかけた所、まあ、出るわ出るわ。w
上場している企業でさえトラブルが絶えない始末。
折角の魅力的なマーケットであるのに非常に勿体無い話です。
何処か信頼のおける業者か、イーストヒル様で取り扱われる際には、是非ご紹介くださいませ。
関係の無い話、失礼致しました。(笑)
別の手段・・・しかし・・。 (CLOUD9)
2008-03-26 16:29:59
日本は本当に、遅れすぎている。
大証で、やっとこさ金ETFを上場させた所なのでしょうか。(汗)
私が欲しいマテリアルは、これではない。
早く登場させて欲しいものです。
こうしている間にも世界のマーケットでは価格がどんどん形成されている。
いっそのこと海外移住でもするか。
不動産価格の暴落は、最大のチャンスをも産み出す。
今は可能な限り資産形成にスピードが求められている。
足の遅い投資家は一握りの投資家に全てを飲み込まれる事になるだろう。

時期 (陳)
2008-03-26 23:18:35
皆さん、今晩は。

   基礎的かつもっとも大事なテクニカル・アナリシス手法について、今回の本に載せています。興味のかる方はご一読を。
   セミナーに関する作業は部下に任せたので、詳細について私もよくわかりませんが、会員様へのサービスは課題として考えさせていただきます。
   CLOUD9さんは相変わらずよい示唆を示していますね。日本の先物市場の凋落は個人投資家を育つではなく、殺してしまったからに起因すると思われますが、FX業界も二の舞いにならないようにあり方をチェンジしなければなりません。何より大事なのは、為替取引の真実を伝わることと思います。業界人の責任の重さを今一度考える時期に来ています。
ドル安基調も続く? (DD)
2008-03-26 23:37:21
陳氏のセミナーに昨年3月初めて参加させていただいた際、ドルは決して買ってはいけないと言われていました。
その先見性には、常に驚かされておりましたが
今回の陳氏のドル買い推奨には、非常に違和感を感じるのですが・・・・

円高基調に転換しておる以上、ドル・円買いでは、最終的には必ず負ける。これは松田氏の言葉です。

歴史的ドル安値は無くとも、ドル安基調は変わらずと思われますが・・・
今日も1.5605でユーロドルを買いました。
ユーロドルの今後 (田原坂)
2008-03-27 11:02:39
いつも拝読させていただいております。
ありがとうございます。
ユーロドルのこの巻き返しにちょっと困惑する者です。
アメリカが来月も利下げをするということで
やはりまたユーロドルが素直に反応しているのでしょうか?
それとも昨日のifo指標や米国の悪い指標内容に
一時的に反応しただけなんでしょうか?
追加利下げ継続=とにかくドル安
ならまだまだユーロドルの上昇は止まらないと
見るべきでしょうか?
その場合、上値の目処はいくらくらいに
なるのでしょうか?
陳様、こんにちは。 (CLOUD9)
2008-03-27 15:13:32
FX業界は、商品業界に比べると全然健全ですよ。w
投資(機)者のレベルの問題(即ち、着物トレーダー)ならば当人の問題で済みますが、商品業界の酷さは、その比ではありません。w
私の周りには投資に関わっている人物は皆無ですので、少なくとも「まともな取引」をさせている所を探す手段の一つとして「個人ブログ」の検索を思いつきましたが、これが笑える事に「外務員」自身が書くブログがほとんどです。w
「右手に左手の事を尋ねてみる」のもまた、それはそれで楽しそうですが。ww
陳様の仰るとおり、自分で自分の首を絞めている事に何故気がつかないのでしょう?w
監査機関もおあつらえ向きに設置されているようですが、これがまた裏舞台調査の結果大変面白い事が見えてきます。w
そりゃあ、機能しない訳ですねぇ。w
腐りきっているようです。(笑)
ユーロドル (陳)
2008-03-27 22:15:41
田原坂さん:

   為替相場の短期変動は常に経済指標、ニュースなど材料に影響されます。が、構造的な部分に関しては影響されず、行くべきところにいきます。

  仮に17日におけるユーロの高値が更新された場合、次のターゲットは1.62~1.64ぐらいです。ご参考まで。
ユーロドルの今後 (田原坂)
2008-03-28 00:11:58
陳様

ご丁寧に回答いただき
本当にありがとうございました。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。