いのちの森の日

「自然観察」や「自然遊び」を通して、自然の大切さやいのちの大切さについて、遊びながら学んでいます。

10/2(日)いのちの森の日のご報告 写真をUPしました♪

2016-10-07 16:22:32 | 毎月のご報告
今日は、お天気に恵まれ、無事開催できました。
延期になったことで、参加者は17人(スタッフ6人)でした。

7:30~準備作業開始。
下の田んぼの防鳥網を外し、稲刈りの準備をしました。
ブルーシートを広げて、脱穀、籾摺りの準備をしたり、唐箕を出したり。
今日は、久しぶりのお天気だったので、新品のハンモックを出して、ブランコとジャングルジムの間、空中デッキ、木の丘の3か所に設置しました。
また、「種の旅」というプログラムの準備。 セロテープやスタンプ置く台をセットしたり、掲示板に「稲作の一年」、「種の旅」の資料を張ったり、受付をセットしたり。 

9:40~開会式。田んぼの一年を説明し、まずは脱穀。
竹の手作り脱穀機で輪になって脱穀作業をしました。

次は、籾摺。のう 木の臼で。
だいたいできたら、集めて唐箕(とうみ)という機械で風を送って籾と玄米を分けます。

11:00から休憩。ツリーハウスの上で、いのちの森の中で朝取りのアズマネザサのササ茶でお饅頭を頂きました。 延期になったため、お茶先生が都合がつかなくなったので、急きょ変更になりました。 久しぶりのササ茶でしたが、おかわりをする子どもも多く好評でした。

15分ほど休憩したら、「種の旅」の開始。 説明を聞いて、それぞれいのちの森の中へ。
植物が様々な工夫をして、次の世代にいのちを繋ごうとしていることを学ぶプログラムです。
 感覚的に、そんなことを感じてくれたら。 11:40には終了。

クラフトの時間がなくなってしまってすみません。
竹の指輪を作りました。

11:50集合写真は、久しぶりにツリーハウスで。
そのまま、閉会式。 今後のスケジュールをお伝えしました。

3つのハンモックは、大人気でした。
ハンモックにのると、空を見上げることになります。「木ばっかり!」と子どもたち。
校庭は、久しぶりの日差しで暑かったけれど、「森の中は涼しい!」。 子どもたちは体験としてそれを感じてくれたことでしょう。

11月は、<籾摺り>、<バードコール作り>などを中心に、何かクラフトもやれればと思っています。 お楽しみに♪

キアゲハの幼虫がアシタバの葉にむらがつていました。

アザマネザサを煎ったところ


    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/22(土)竹林整備体験のご... | トップ | その27 イロハモミジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

毎月のご報告」カテゴリの最新記事