ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『女囚セブン』#01

2017-04-23 15:55:21 | 素晴らしいTVドラマ









テレビ朝日系列の深夜枠「金曜ナイトドラマ」の新作。剛力彩芽、安達祐実、山口紗弥加、トリンドル玲奈、橋本マナミ、平岩 紙、木野 花の7人が女子刑務所の囚人に扮し、凄絶なマウンティング合戦を繰り広げるプリズン・サバイバル!

このドラマ枠、前作があの『奪い愛、冬』です。もはやマトモな作品を創るつもりは毛頭ないっていう、開き直った姿勢が実に素晴らしい!w

過去のラインナップを見ても『トリック』や『時効警察』『特命係長 只野仁』、そして我らが多部未華子さんの『ジウ/警視庁特殊犯捜査係』等、真っ当な製作姿勢じゃ生まれ得ない珍作ばっかりですw

だからこそ、観る価値があると思います。例えば『緊急取調室』に似た番組なら腐るほどあるけど、こっちのはなかなか観られるもんじゃない。

冒頭の10分ぐらいは、刑務所職員らによるウケ狙い丸出しのコント芝居に「ダメだこりゃ」って思ったけど、あれは多分、女囚モノと言っても陰惨な内容じゃないから安心してね、っていうエクスキューズでしょう。

中盤、それまでアンドロイドみたいに無表情で無口だった剛力彩芽ちゃんが突如、舞妓さん(すなわち京都)言葉で喋り始め、誰よりも凶暴かつ冷酷な本性を見せるようになって、俄然面白くなりました。

今回の彩芽ちゃんの芝居、世間はまた棒演技だの何だのとケチつけるんだろうけど、私は素晴らしいと思いました。けっこう凄みを感じてゾクゾクしましたよ。

『ビブリア古書堂の事件簿』や『あすなろ三三七拍子』等における凛とした佇まいも良かったし、清楚さとミステリアスさを兼ね備えたキャラを演じさせると、彼女は光ります。

演技力が世間に過小評価されてるとしたら、それは使い方が下手だからかも? 出演本数が多すぎる弊害もあるでしょう。かつての薬師丸ひろ子さんや原田知世さんみたいに、剛力彩芽はもっと出し惜しみした方がBIGになったかも知れません。

それはともかく、今回の役は良いです。彼女の魅力が存分に活かされてると、私は思います。

残念なのは、格闘シーンのカット割りがあまりに細かすぎて、どう動いてんのか全然分かんないこと。彩芽ちゃんが運動音痴で、強そうに見せるにはそうするしか無かったのかも知れないけど、あれはいくらなんでもやり過ぎ。

とはいえ、ジェット・リー並みに速くて強い剛力彩芽(しかも京都弁)という、意表を突いた設定は素晴らしい! 彼女はやっぱり、特異なキャラクターの方が断然ハマります。

しかも、この種のドラマじゃベテラン格の安達祐実ちゃんが対極にいて、平岩紙さんがエロスの伝道師だったりw、トリンドル玲奈ちゃんが元ヤン、橋本マナミちゃんがコンプレックスの塊だったりと、それぞれ普段のイメージと真逆のキャラに扮するあざとさが、これまた楽しいです。

そんなフザケた内容なのに、キャッチコピーが「腐った社会に反撃だ」ってのが全く意味不明ですがw、法務大臣役で高嶋政伸さん、舞妓の女将役で梶 芽衣子さん(女囚さそり!)がキャスティングされてますから、ゆくゆくは7人の女囚が団結し、巨悪に立ち向かう展開になるのでしょう。

もう、ありきたりなドラマに辟易されてる方には、ちょっとオススメしたい作品ですね。責任は一切負いませんけどw

私はもしかするとハマっちゃうかも知れません。
 
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『リバース』#01~#02 | トップ | 『女囚701号/さそり外伝』(... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
剛力さんには学ランが似合う。もちろん水着も似合うに違いない。着てなくたって素晴らしいに・・・ (gonbe5515)
2017-04-23 21:14:39
>清楚さとミステリアスさを兼ね備えたキャラを演じさせると、彼女は光ります。

そんな彼女が見られるかしらと、しっかり録画してました(しかも毎週録画)。

剛力さんははまるときとすべるときとの落差が大きい。ゆえに評価が安定しないし、高まらない。

私はけっこう期待してるんです、この女優さん。

>彩芽ちゃんが運動音痴で、
ダンスはすごくお上手だそうですよ。だとすれば、格闘シーンなんかお手のものだと思うのですが。編集さんのミスなのか、監督さんの意図がこけたのか。明日観る予定なので、そこんとこ確認させていただきます。

楽しみが増えてうれしいです。
>gonbeさん (ハリソン君)
2017-04-23 22:21:25
『ツバキ文具店』とは対極にあるようなドラマですがw、だからこそ楽しめるかも知れません。

そう言えば彩芽ちゃん、ダンス得意でしたね。まぁ『ジウ』のL君みたいな例もありますから、ダンスと格闘は全然違うのかも知れませんが、今回のは「細かくカット割りすればアクションは格好良くなる」と思い込んでるであろう、監督あるいは編集者の勉強不足が原因かと思われます。

動ける人のアクションは、逆にカットを出来るだけ割らないのがセオリー。笑いのセンスもイマイチだし、そこんとこは残念です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。