ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『小さな巨人』最終回

2017-06-20 14:06:49 | 素晴らしくない刑事ドラマ






最初の2話で早くも飽きてしまい、後は断片的にしか観てないけど、最終2話だけはちゃんと観ました。

とにかく裏切り、どんでん返し、また裏切りの繰り返しで、もはや裏切りがお約束の必須アイテムになってましたねw 誰がどのタイミングで、どんな顔をして裏切るかを楽しむドラマ。事件の行方はもはやどーでもいい。

ストーリーも最初から裏切りを着地点に組み立ててますから、捜査でどんな新事実や証拠が出て来ようが、視聴者は「どうせまた裏切るんでしょ」って思うだけで誰も信用しない。

だから役者さんたちは、香川照之さんを中心に「どんな顔をして裏切るか」「裏切られてどんな顔をするか」だけに全神経を集中し、ひたすら顔を歪めながら大声を張り上げる「顔芸合戦」に終始。ほんと皆さん、ヘンな顔をされてましたw

そうなるとやっぱり、長谷川博己さんや岡田将生くんは顔のベースが整ってますから、整ってない香川さんに太刀打ち出来ませんw 皆さん相当ヘンな顔されてるんだけど、香川さんの顔がヘン過ぎて霞んじゃうワケですw

まぁ、顔は生まれついてのもんだから仕方ないとして、皆さん共通して優れた俳優さん=頭の良い人達ですから、台本を読んで「これは普通に演じたら視聴者にすぐ飽きられる」ってことを本能的に悟られたんだろうと思います。だから「みんなでヘンな顔しようぜ」ってw

マジメな話、この『小さな巨人』を観てつくづく、『半沢直樹』の大ヒットは原作と主演俳優の組み合わせによる化学反応あってこそ、だったことを痛感しました。言わば「まぐれ」です。

それに当時はまだ、大銀行の内幕をリアルに描いたドラマはほとんど無かったし、堺さんの狂気的な芝居も一般的にはあまり知られておらず、新鮮な驚きに満ちてたんですよね。

ところが今回はあまりに手垢がつき過ぎた警察物で、しかもすっかりお馴染みのオールスターキャストですから、みんなで顔の面白さを競うぐらいしか打つ手が無かった。

実際、このドラマをずっと観て来た視聴者の脳裏には、香川さんたちのヘンな顔しか残ってない筈ですw それはそれで狙い通りなワケで、成功だったと言えましょう。

だけどTBS日曜劇場はもう、ただ既製ヒット作の定型パターンに人気俳優をはめ込むだけのドラマ作りは、ホントいい加減やめるべきです。何のメッセージも無ければチャレンジも無い、ただ「置きに行った」だけのドラマじゃ人の心は打てません。

警察幹部とか政治家が悪役になるのも、もういくら何でも飽き飽きですよ。『CRISIS』も『リバース』も『女囚セブン』も全部そのパターンですからね。さすがにウンザリして来ました。

ネタの枯渇と過剰な自主規制により、どの番組を観ても同じ事しかやってない現状を、製作現場にいる人達は一体どう考えておられるんでしょう?

その閉塞感と、いくら足掻いても現状を変えられないジレンマ、創り手たちの悲鳴が、そのままドラマ内の警察や閣僚の描写に反映されてるのかも知れません。
 
 
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『女囚セブン』最終回 | トップ | 『たけしのこれがホントのニ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (はなまる)
2017-06-20 18:55:18
顔芸は香川照之の得意芸(専売特許)ですからw
今クールでヒットしたほうのこのドラマですら、大した見応えあるものではありませんでしたよね。

『半沢』とほぼ同チームの制作陣ですが、『半沢』が大ヒットしたのは仰るとおりだと思います。題材の新鮮味とそれに伴い主演の存在感も際立っていて感情移入しやすいドラマ構成。第一話を観て「これはあたる」と思ったものです。寂しいかな、それ以来、民放連続ドラマを最後まで見続けたものがあまり無いなぁw(昨今のTV離れの流れに乗っているひとりかもしれませんw…因みに私の趣味は、釣り、音楽、ドライブ、編み物、プラモ作りなどです)

今秋同日曜劇場枠で同チームが再登板の予定です。ネタバレによると池井戸(また?)最新作の役所広司主演もので、足袋職人が最新シューズを開発して駅伝に夢を馳せる…『下町ロケット→靴バージョン』かよ?と思います。マンネリすぎます…
>はなまるさん (ハリソン君)
2017-06-21 10:40:26
日曜劇場の池井戸さん依存、映像業界全体の原作物依存は、本当に異常ですね。

それはスポンサーや局の上層部など会議室の連中が、保身の為に現場の創り手たちから創作の自由を奪ってるから、だと思ってたのですが……

そこに『CRISIS』みたいに挑戦的でリスキーな、オリジナル企画による番組が登場したことで、本気になってやれば出来るのに、みんな尻込みしてやらへんだけやん!っていう事実が露呈しちゃいました。破滅です。

中でも日曜劇場と月9は本当に腐ってますね。
 

コメントを投稿

素晴らしくない刑事ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。