ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『スーパーサラリーマン左江内氏』最終回

2017-03-20 14:20:07 | 素晴らしいTVドラマ









終わってしまうのが残念なくらい、大いに楽しませて頂きました。

最終回は、左江内氏(堤 真一)のちょっとした気の迷いが、子供の転落事故を阻止し損ねるミスに繋がり、罪悪感に耐えかねた左江内氏はついにスーパースーツを謎の老人(笹野高史)に返却しちゃいます。

会社における係長としての責任、家庭における父親としての責任、その2つだけでも荷が重いのに、更にスーパーヒーローとしての責任まで背負ってられない! 全ての責任から解放されて自由になりたい!

そう嘆く左江内氏に、老人は「分かった。キミの責任は全てこっちで引き取るよ」と言い、スーパースーツを回収するのでした。

で、やっと自由になれた喜びを噛み締めながら、左江内氏が会社に出勤したら驚いた! 係長の椅子には佐藤二朗が座っており、同僚たちは誰も自分のことを覚えてない! 自宅に帰っても同様に、佐藤二朗が一家の主で、自分の存在は無かった事にされている!

うろたえる左江内氏の前に、日本のスーパーヒーロー全般を管理する佐藤二朗=キャプテンマン(佐藤二朗)が現れます。

「キミは全ての責任を放棄すると言ったじゃないか」

同じ原作者によるマンガ『笑うセールスマン(喪黒福造)』やオムニバスドラマ『世にも奇妙な物語』を彷彿させる、SFタッチの人生訓話。

もちろん、全ては老人と佐藤二朗によって仕組まれた「テスト」であり、うっかり妻=円子(小泉今日子)を人質にしてしまったバスジャック犯(菅田将暉)の危機を救うためw、左江内氏は再びヒーローとして立ち上がるのでした。

シリーズを通して、責任を背負うのが大嫌いって言ってた主人公が、様々な出逢いと試練を経て、ヒーローに相応しい男へと成長していく様を描いた、これは立派な人間ドラマですよね。

と同時に、殺伐としてるように見えて実はほのぼのしたホームドラマであり、抱腹絶倒のお仕事コメディでもあり、SMラブストーリーでもあるw

中身が無いように見せかけて、その実かなり濃密、かつ緻密に計算されたドラマだと私は思います。だからこそ下らないギャグも活きて来る。

この番組を「バカバカしい」「子供向け」と吐き捨て、スルーしちゃった視聴者は、もうちょっと見る眼を磨いた方が良いかも知れません。

画像は、左江内氏の愛娘=はね子役の島崎遥香さんと、同僚=蒲田みちる役の早見あかりさん。お二人とも元アイドル歌手だけあって、エンディングのダンスが一際キマってます。
 
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スリル!~赤の章~』最終回 | トップ | 『視覚探偵 日暮旅人』最終回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。