ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『太陽にほえろ!』#192

2016-11-07 00:10:35 | 素晴らしい刑事ドラマ




後に『太陽にほえろ!PART2』で二代目ボスを演じられる、奈良岡朋子さんがゲストで登場、初代ボス=石原裕次郎さんとガッツリ競演された作品です。

二代目ボスと言えば、番組終盤で係長代理を務めた渡 哲也さんだろう、否、平成復活版の舘ひろしさんだろう、いやいや、ボスと呼べるのは裕次郎さんしかいないだろう、等々、色んな意見があるでしょうが、知ったこっちゃありませんw

奈良岡さんと裕次郎さんは映画で何度か共演されて家族ぐるみの付き合いがあり、裕次郎さん自ら後任に奈良岡さんを推薦されたそうで、恐らく今回のゲスト出演も裕次郎さんからの声掛けがあったものと思われます。

歴代ボスの共演と言えば、'80年代に放映された石原プロモーションの特集番組(と言っても石原軍団がハワイで豪遊するだけの内容w)で、裕次郎さん、渡さん、舘さん、奈良岡さんが同じテーブルで食事する、奇跡の4ショットが実現してます。(ちょっと前にCSで再放送されました)

そこにはドック=神田正輝さん、マイコン(笑)=石原良純さん(笑)もいたワケで、なにげに七曲署カラーの濃い番組だったと、まぁ言えなくもありません。

それはともかく、本作はストーリーの大半がマンションの一室における、裕次郎さんと奈良岡さんの二人芝居だけで展開されるという、異色のサスペンスとしても非常に印象深いエピソードです。


☆第192話『2・8・5・6・3』

(1976.3.19.OA/脚本=中村勝行&小川 英/監督=児玉 進)

もぐりの貴金属ブローカーが殺害され、その取引相手である輸入業者の滝田(北原義郎)を連行する藤堂チーム。

犯人は滝田と見て間違いないんだけど、取引された多額の現金は行方不明。唯一の手がかりは、完全黙秘を続ける滝田の手帳に記された謎の数字「28563」。

捜査が難航する中、滝田の妻=美也子(奈良岡朋子)が七曲署を訪ねて来ます。取り調べ中の容疑者と面会させるワケにも行かず、ボス(石原裕次郎)は近くの喫茶店に彼女を連れて行くのですが……

そこで美也子は何者かの襲撃を受け、助けようとしたボスもろとも拉致され、マンションの空き部屋に監禁されてしまいます。

高層ビルの上階で脱出不可能、しかもガラス張りで周囲のビルからいつでも狙撃出来る上、室内の至る所にニトログリセリン入りの瓶が配置されいる!

もし、その瓶が1本でも狙撃されたら、ニトロが爆発して二人は部屋ごと木っ端微塵になってしまう。

そんな大掛かりなトラップを用意してまで二人を監禁する、犯人たちの目的はもちろん、滝田が取引現場から持ち去った多額の現金。その隠し場所を示してるであろう、例の5桁の数字を聞き出したいワケです。

果たして、万策尽きたボスが犯人に数字を教えるのが先か、藤堂チームの部下たちがその場所を探し当てるのが先か?

結末を言いますと、それはほとんど同時でした。そりゃ当然、ボスが命惜しさに捜査情報を漏らして犯人の勝ち、なんて事になるワケがありませんw

本作の肝はそこじゃなくて、いったい誰がこのトラップを仕掛けたのか?という点にあります。もうお分かりですよね。

土壇場で正体を表し、ニトロの瓶を盾にして数字を聞き出そうとしたのは、一緒に監禁されてた筈の美也子。全ては二代目ボスが仕組んだ事だった。

もちろん、初代ボスも負けてません。美也子が切り札に使った瓶は、ボスがこっそりすり替えた、ただの水入りの瓶なのでした。

ボスは、最初から美也子が黒幕だと気づいてたんでしょうか? やっぱり初代ボスは、完全無欠のスーパーマンなのか? 今回もまた、私はブログに「正体を見抜けた理由は、ボスだからです」って書かなきゃいけないのか?

「違う。すり替えたのはあなたの為だ。時間が来てあの連中がやって来れば、必ず又あのニトロを使うだろう、ただそう思っただけです」

さすがに、今回の敵は二代目ボスとあって、初代ボスもその正体には気づいてなかった様子です。

「奥さん。あなたがプロの悪党にでもなる気なら、大いに自慢しなさい。私がこれほど見事に騙され、これほど女性を怖いと思ったことは、生まれてこれが初めてです」

「太陽にほえろ!脚本集」の第3巻に掲載されたシナリオに、上記のセリフは存在しません。オリジナル脚本では、ボスはかなり早い段階で黒幕の正体を見抜いてるんですよね。

つまり、撮影直前、もしくは撮影現場において急遽、ボスがすっかり騙されてた設定に変更されたワケです。

それはやっぱり、あまりにボスが完全無欠なスーパーマンになり過ぎちゃ面白くなかろうっていう判断なのか? あるいは、ゲストの奈良岡さんをもっと立てる為の措置なのか? いずれにせよ、それは誰の提案による変更だったのか? 興味が尽きません。

なお「28563」という数字の正体は、銀行の隠し金庫の暗証番号でした。いまいち意外性が……w
 
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『逃げるは恥だが役に立つ』追記 | トップ | 『太陽にほえろ!』#194 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

素晴らしい刑事ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。