ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『太陽にほえろ!』名場面集46

2017-06-13 14:33:23 | 素晴らしい刑事ドラマ









シンコ役の関根恵子(高橋惠子)さんは映画出演でますます忙しく、2年目から『太陽にほえろ!』における出番が激減し、OPタイトルでは毎回クレジットされながら、実質は月に1回出るか出ないかの割合で、ほとんどセミレギュラーキャストみたいになって行きました。

そんな「紅一点」の不在を補うべく器用されたのが、当時20歳の青木英美さん。七曲署のマスコットガール(庶務係)第1号=永井久美としてジーパン(松田優作)と一緒に登場しました。

とても明るくアグレッシブなキャラで、捜査に口を出し、時にはボス(石原裕次郎)の代わりに無線を操作するなど大活躍。

コワモテの刑事たちに対しても基本タメ口で、ミニスカートの脚線美を下から覗かれても「せめて眼を楽しませてあげようと思って」なんて涼しい顔で言っちゃう人。

シンコは生真面目だし、ジーパンもナイーブな性格で、やんちゃなマカロニ(萩原健一)が抜けた分、もし久美ちゃんがいなかったら番組の空気が重くなってたかも知れません。

1年経ってマスコットガールは浅野ゆう子さんにバトンタッチされますが、ほとんど同じようなキャラを演じたにも関わらず、なぜか浅野さんは女性視聴者たちから猛反発を食らい、僅か1クールで降板する羽目になりました。

当時の浅野さんはまだ弱冠14歳で、単純に若すぎたせいもあるでしょうが、それだけじゃない何か、女性にしか解らない大きな違いが、青木さんと浅野さんにはあるんだろうと思います。

高橋惠子さんや、後の『大追跡』で共演した長谷直美さんも、青木英美さんのことを「とても綺麗でカッコいい女性」と評されてるんだけど、我々男性から見るとビミョーだったりするんですよねw

ファッションモデルとしても活躍されただけあってスタイルの良さにはケチのつけようが無いけど、少なくとも当時ガキンチョだった私から見た青木さんのルックスは、どちらかと言えばブサイクのカテゴリーに入ってました。

なのに、これはシンコにも言える事だけど、大人になった今観るとめっぽう魅力的なんですね。いわゆるアイドルとは違った可愛らしさがある。

そこが当時の典型的アイドルだった浅野ゆう子さんとの大きな違い。やっぱりフェロモンとか、経験値が醸し出す女性の魅力が、子供の感性じゃ判らなかったって事かも知れません。

歴代マスコットガールの中で最もキャラ立ちし、多くの視聴者に愛された久美ちゃん。ジーパン編を支えた立役者の一人と言えましょう。
 
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『太陽にほえろ!』名場面集45 | トップ | 『地獄』(1960年バージョン) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マスコットガール (はなまる)
2017-06-13 20:10:08
こんばんは。

久美役の青木英美さん、現在もそれなりにお綺麗です、熟女フェチではありませんがw
歴代太陽マスコットガールと言えば久美ちゃん、チャコちゃん(でしたっけ?)、アッコ、ナーコ…ナーコまで時が経てば『ボスの誕生日』(これ良かったですw)で主役回?も用意されましたよね。

以下、こぼれ話しですが、短命マスコットガールだった浅野ゆう子さん、最近、殿下役小野寺昭さんと共演する機会があり、メディア取材かで「小野寺さんには私が14歳のときたいへんお世話になり…」と発言した記事がありました。浅野ゆう子さんにとってこの『マスコットガール』時代は黒歴史ではないようですwこれも『太陽』という作品の偉大さでしょうか。

ps前回のアイドルPVの内容わかって頂き嬉しく思います。確かに嗜好モード全開、ごった煮パロディでしたが、制作サイドには敬意を表しますw
Unknown (ムーミン)
2017-06-14 00:34:50
こんばんは。シンコは再放送であまりの欠場の多さにびっくりしました。ずっと出ていたイメージがありました。『走れ猟犬』でジーパンのことを『純!』と初めて呼ぶシーンが好きでしたね。テキサス編になってシンコロスはかなりありました。ジーパン編では
Unknown (ムーミン)
2017-06-14 00:37:07
すみません、追記です。ジーパン編では実はシンコより久美ちゃんの方が活躍頻度は高かったですね。
青木さんと浅野さん (ハリソン君)
2017-06-14 14:30:47
>はなまるさん
青木さんはDVDの映像特典で当時の思い出をたっぷり語って下さいましたが、浅野さんが『太陽』を語るお姿は拝見したこと無かったです。そうですか、やはり懐かしく思っておられるんですね。岡田プロデューサーも、浅野さんは出演を楽しんでいたと、確か自著に書いておられました。

>ムーミンさん
シンコが抜けて、浅野さんのチャコもすぐいなくなって、テキサス単独時代はホントむさ苦しかったですw ジーパン編が輝いて見えるのは、Wヒロインによる功績も大きかったですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。