ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『大都会 PART III』名場面集08

2017-05-16 11:33:22 | 素晴らしい刑事ドラマ









第32話『城西市街戦』より。

『大都会』シリーズもパート3中盤まで行くと、世界観が後の『西部警察』にかなり近くなって、パッと見ただけじゃ見分けがつきません。

渡 哲也さんが「団長」じゃなくてまだ「デカチョウ」と呼ばれ、石原裕次郎さんが医者役で、レギュラー刑事の顔ぶれがちょっと違うぐらい。

あと、エンディング主題歌が裕次郎さんじゃなく渡さんの歌唱で、必ずラストシーンは黒岩デカチョウの独り歩きなのが『西部警察』とは違うポイント。

なんでいつも、黒岩は独りで歩いて行くんだ? どうやって署まで帰るんだよ?って、あまりに続くワンパターンにストレスを溜めた渡さんが、ある日ブチ切れたとかいう話を、何かの記事で読んだ記憶があります。

だからなのか、放映局を引っ越した続編『西部警察』のラストシーンは、レギュラー刑事全員が横並びに「Gメン歩き」するのが定番になりました。それはそれで「署まで並んで帰るんかい!?」って話ですけどw

犯人がマシンガンやバズーカ砲を使うのも日常茶飯事。とにかくやたら撃ちまくる銃撃戦はますます大味になり、もはや緊迫感のカケラもありませんw

まぁ、そこが良いと言えば良いんですよね。ラストシーンのワンパターンも含めて『水戸黄門』や『サザエさん』に通ずる安心感があり、視聴者にとってある種の癒しになってる。

その内容は壮絶なる殺し合いなんですけどねw この第32話じゃジロー(寺尾 聰)がハヤタ隊員(黒部 進)を火炎放射器で車ごと焼き殺してますw しかも、そのあと満面の笑顔w ほんと癒されますw

ただし『西部警察』は夜8時台の放映、しかも高視聴率を稼いだお陰で、そうした残虐描写は逆に抑えられ、健全路線にシフトして行くことになります。

なので、石原プロのバイオレンス路線はこの『大都会 PART III』がピーク。暴力で癒されたい方には、これがオススメです。
 
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『大都会 PART III』名場面集07 | トップ | 『大都会 PART III』#34 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。