ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『アイ アム ア ヒーロー』

2017-05-03 12:56:21 | 素晴らしい日本映画









佐藤信介監督による2016年公開の日本映画です。花沢健吾さんの人気コミックを実写化した、日本では珍しい本格ゾンビ・サバイバルアクション。

大泉 洋さんが主演ということでパロディー的な内容を想像しがちだけど、実際はすこぶる直球勝負のパニック&アクション映画。

『重版出来!』のムロツヨシさんみたいに冴えない万年アシスタントの漫画家が、極限状態の中で奮い立ち、本物のヒーローになっていく姿が描かれます。

この種の映画じゃ脇役でよく見る「へたれ」キャラだけど、それを主役に据え、彼の成長ストーリーに焦点を絞ったドラマは、日本映画ならではと言えましょう。

ゆえに、ゾンビ映画マニアじゃない人でも充分に楽しめる作品かと思います。ただし、ゾンビ映画ならではの残虐描写は手抜かり無しなので、血みどろが苦手な方にはオススメ出来ません。

ゾンビ物か否かを問わずパニック映画は大好きで、血みどろは好まないけど見られない程じゃない私としては、かなり満足のいく仕上がりで、面白かったです。

その道のマニアから見れば「まだまだ」なのかも知れないけど、日本製のパニックホラー&サバイバルアクション映画としては、現時点だと最高点をつけても良いんじゃないでしょうか?

パロディーに逃げること無く、かと言って陰鬱になり過ぎず、極限状態だからこそ笑っちゃうユーモアのサジ加減も抜群だと私は感じました。

大泉洋さんは、ちょうど公開年に放映されてた大河ドラマ『真田丸』で演じたのとよく似た生真面目キャラで、こういう役を演じても巧いしハマるんですよね。

で、同じく『真田丸』に出てた長澤まさみちゃんは、斧でゾンビを殺しまくる(既に死んでるけどw)アクティブなキャラで、とても格好良いです。

出色なのが『ひよっこ』ヒロインの有村架純ちゃん。登場時はごく普通の女子高生なんだけど、歯の無い赤ちゃんゾンビに噛まれたせいで、ちょっとだけゾンビの血が混ざってる設定。

ゆえにメチャクチャ強いんだけど、ほとんどの時間は赤ちゃんみたいに眠ってるというw、頼りになるのかならないのか、生きてるのか死んでるのか判んない特異な存在感で、誰よりも印象に残ります。

掲載したスチール写真じゃ綺麗な顔してるけど、本編では一部ゾンビのメイク(CG加工?)が施され、ちょっと衝撃的なビジュアル。ファンは必見かと思います。

日本のメジャーで、こういう作品が創られたのは快挙と言えるんじゃないでしょうか? 原作のネームバリューが無ければたぶん無理で、コミックの映画化も一概に「安易」と片付けたもんじゃありません。
 
ジャンル:
モブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ひよっこ』#01~#26 | トップ | 『ゴースト イン ザ シェル』 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キアヌ)
2017-05-03 21:15:44
私も見ました!

はじめの方の、夢を追うも現実が着いてこず辺りが他人事とは思えず、痛々しくて見てられませんでした。
ほんと大泉さんはそんな風に見えるから、うまい役者さんですね。

序盤のゾンビ軍団の中に今をときめくメイプル超合金がいて、なんかプレミアゲットな気分にもなれました笑

かすみさんの半分ゾンビももっと活躍させるかと思いきや、以後まったく活躍しないのも最高でした。

そしてなんといってもクライマックスの銃撃ですね!海外ゾンビ映画ばりの射撃でした!
めちゃくちゃカッコよかったです!

走る、殴る、蹴る、撃つ!
いいですねー!
>キアヌさん (ハリソン君)
2017-05-03 23:47:47
そう、架純ちゃんがクライマックスで、ここぞという時に覚醒する展開を誰もが予想し、待望してたのに、結局なにもしないというw、まさかのミスリード。その狙いは一体なんなのか? 実は忘れてただけだったりしてw

架純ちゃんより主人公を覚醒させなきゃいけないから? そうだとしても、その前フリとして架純ちゃんが闘って倒されちゃうとか、そういうセオリーを完全に無視した非凡すぎる展開がほんと、サイコーとしか言いようありませんw
追記 (ハリソン君)
2017-05-04 00:41:25
後から気づいたのですが、架純ちゃんが後半なにもしないのは、つまり彼女が普通の人間に戻ったことを暗示してる、のかも知れませんね。実際、人間らしい表情が戻りつつあったし、言葉も喋るようになったし。ボーガンで頭を撃たれたのが逆に良かった?

だとすれば、あれはミスリードじゃなくて、単なる演出ミスかもw 観客にはイマイチ伝わってないですから。ゾンビメイクを徐々に薄くするとか、ビジュアル上でも変化を示すべきでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。