ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『CRISIS/公安機動捜査隊特捜班』最終回

2017-06-17 12:41:05 | 素晴らしい刑事ドラマ







『リーサル・ウェポン』第1作のメル・ギブソンは、自分自身のダークサイドを具現化したような敵=ゲイリー・ビジーとの一騎討ちに勝利することで、過去のトラウマを克服しました。

要するに最強の敵をぶっ殺してハッピーエンドという、実にアメリカ的で野蛮なやり方だけど、私は大好きですw

さすがに今の日本でそれをやるのはリアルじゃないってことで、我らが小栗 旬くんは最強の敵=金子ノブアキくんと死闘の末、同じ心の傷を持つ者どうしの共感をもって「泣き落とし」するという、私としては実に面白くない展開だけど、まぁバッドエンドで終わるよりはマシか……と思ってたら!

その直後に金子くんは(恐らくSATに)射殺され、特捜班は彼を抹殺する為のお膳立てとして、クライアントに利用されただけだったことが判明。陰で糸を引いたのは、現役の内閣総理大臣(竜 雷太)だった! 何やってんだゴリさん!?

で、正義の為でもなければ国民の為でもない、ただ汚い政治家たちの立場を守る為だけに命を懸けることに、心底嫌気が差した小栗くんら特捜班のメンバー全員が、どうやらテロリストに転身しちゃったという、究極にバッドテイストな結末になりました。

これって、同じ小栗旬 主演&金城一紀 脚本コンビによる傑作ドラマ『BORDER』とよく似てます。ダークサイドからの誘惑に耐えに耐えて、けれども現状じゃ何も変えられないことを悟って、ついにアッチの世界に足を踏み入れちゃうという。

ただし『BORDER』の場合、絶対に生かしておいちゃいけない極悪人を抹殺するという、ヒーローの王道を実践した側面もありますから、後味は悪くても納得出来るものがありました。

だけど『CRISIS』の場合、テロなんか起こしたところで一体何が変わるの?っていう根本的な疑問があるから、全く共感出来ないんですよね。

なるほど、テロリストって奴はこうして生まれるワケか、っていう勉強にはなるんだけど、せっかく応援して来た主人公たちに「あんたら一体何やってんだ?」って思わなきゃいけない結末ってのは、ちょっと残念ですよね。

闇の処刑人になるならまだしも、警視庁なんか爆破して、善良な警察官や下手すりゃ一般市民まで犠牲にして、そんなの本末転倒やん!って。ただのアホやん!って、思います。

そんなモンスターを生み出しちゃう組織の罪、政治の愚かさを描きたい意図はよく解るんだけど、仮面ライダーが自分でNEWショッカーを結成しちゃうような結末は頂けません。それじゃ不快感しか残らない。

あくまでそれが暗示されただけですから、実は踏み止まって「裏刑事」になってる続編とか劇場版を用意してるのかも知れないけど、それはそれで「なんじゃ、そりゃ」ですよねw

こんな「衝撃的な結末」、私は蛇足だと思います。『007』や『ミッション・インポッシブル』を例に挙げるまでもなく、正義一直線でも充分に面白い作品になった筈。第8話なんかホント最高でした。

これが金城さんの人間観、社会観なんでしょうけど、視聴者をスカッとさせる形でそれを描くことも出来た筈です。正攻法じゃハリウッドに勝てないと思われたんでしょうか?

そんなワケで、私としてはちょっと残念な結末でしたが、日本のテレビ業界に風穴を開ける、画期的なアクションドラマだという思いに変わりはありません。

素晴らしい本物のアクションを毎回見せてくれたスタッフ&キャストの皆さんには、ホント感謝の気持ちでいっぱいです。

このクオリティーで、今度は是非とも正攻法のアクション刑事ドラマを! どうか何卒お願い致します!

(『BORDER』の続編が単発スペシャルで製作されるとか。それもチョー楽しみです)
 
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『地獄』(1979年バージョン ... | トップ | 『リバース』最終回 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キアヌ)
2017-06-17 17:26:46
クライシスは最後の最後まで保護対象や、事件の内情がアワワなのがほとんどでしたね。
唯一、教壇襲撃の時がまだマシでしたがあれは西島さんたちの独断救出作戦で、正当なミッションではなかったですしね。

アクションはすごいですが、最後の最後まで
見終わってスッキリさせてやるもんか!
という製作側のメッセージが色濃く反映されてましたね笑

それでも小栗さんの金子さんとのラストアクションはめちゃくちゃカッコよかったです!
最後の最後まで拳銃も威嚇のみでしたし。



ボーダーやるんですね!
どういう立場なのかものすごく楽しみです!

できたら大森さんに悪魔のようにずっと
小栗さんにつきまとってほしいです!


PS

仲村みう嬢の最新作、加齢は否めませんが、
私には恐ろしい破壊力でした笑
おすすめです!
>キアヌさん (ハリソン君)
2017-06-17 22:56:48
意地でもスカッとさせてやるもんか!っていう、庵野秀明さんのスタイルですよねw

ボーダー、クライシスと続けて来て、今さら正攻法の刑事ドラマなんか作れないですね、どう考えてもw 普通にハッピーエンドにされたら観てる我々が戸惑っちゃうし。

仲村みうさん、やるからにはとことんやりそうな人だから、凄いことになってそう。是非観てみたいです。

コメントを投稿

素晴らしい刑事ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。