ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『噂の刑事トミーとマツ』名場面集おまけ

2016-12-24 21:46:01 | 素晴らしい刑事ドラマ









私は『トミーとマツ』を第2シリーズから観始めたもんで、このドラマのヒロインは私にとって、交通課の「まりっぺ」こと森村万里子婦警(石井めぐみ)です。

当初はほんの脇役だったのに、そのルックスの可愛さとキャラの面白さが人気を集め、回を追う毎に出番が増えて、気がつけばトミーとマツに次ぐ三番手、と言っても過言じゃない存在になっちゃった。

私も、まりっぺが好きでした。色気ムンムンってタイプとは全然違うのに、なぜか彼女にはエロを感じてました。

ちっとも優等生じゃないのが良かったですよね。自己チューで調子が良くて、なりふり構わずトミーへのラブアタックを繰り返す。さんざんマツから罵詈雑言を浴びても全然へこたれない。で、しょっちゅう犯人に捕まっては縛られる。それがまたエロいw

石井めぐみさんは当時、早稲田大学に入学したばかりの21歳。自主製作映画に主演したのがキッカケで女優デビューし、テレビ初出演が『トミーとマツ』でトントン拍子にスターの仲間入り。『オレたちひょうきん族』にもレギュラー出演されてました。

Wikipediaによると、けっこう波乱万丈な人生を送られており、現在は国立市議会議員になられてます。

ヌード撮影は1982年。巨匠・篠山紀信氏によるもので、ちょうど『トミーとマツ』第2シリーズの頃。ちっパイだけど、実に素晴らしいお尻をされてます。
 
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『噂の刑事トミーとマツ』名... | トップ | 『逃げるは恥だが役に立つ』... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ムーミン)
2016-12-24 22:45:47
こんばんは。石井めぐみさんも好きでした。最初に見たのは銀河テレビ小説「太郎の青春」での広岡瞬の相手役でした。登場は早稲田大学の現役女子大生で可愛くて知的な雰囲気の方でした。その後ひょうきん族でも活躍しましたね。着ぐるみを着て長野智子と相撲を取ってマジで押し倒していたのが可笑しかったり、エロかったり…そうそう足の裏も素晴らしかったです。
Unknown (ひろちゃん)
2016-12-25 07:08:00
ハリソンさん、ムーミンさん、俺もめぐみさん好きでした。森村婦警はナンシーチェニーさんよりめぐみさんのほうがかわいくてピッタリです。第1シリーズの21話からめぐみさんになってサッチこと志穂美悦子さんとのツーショットは俺にとってトミーとマツを見る楽しみのひとつになりました。
>ムーミンさん (ハリソン君)
2016-12-25 17:32:11
広岡瞬! 懐かしいですね。石野真子さんの初主演映画で相手役を務め、初キスシーンも演じたサノバビッチですw
>ひろちゃんさん (ハリソン君)
2016-12-25 17:36:32
森村婦警、当初はナンシーチェニーが演じてたんですね。それはそれで可愛いでしょうけど、あの面白味は石井さんならでは、のものだったと思います。

コメントを投稿

素晴らしい刑事ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。