ハリソン君の素晴らしいBLOG

素晴らしい日本人=波里尊(はりそん)君が、新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『野獣の檻/Nami 第42雑居房』(後篇)

2017-04-25 21:50:03 | 素晴らしい日本映画









低予算で量産されるプリズン・サバイバル物の中にあって、本作が「素晴らしい」と私が思った理由は、正当派アイドルの小阪由佳さんを肉体的にイジメ抜くという、明確なコンセプトが見て取れたことが、まず1つ。

そしてもう1つは、画像のシーン。ただ『女囚さそり』のストーリーをなぞるだけで満足せず、この作品ならではのフェチな演出を見せてくれたことに、私は好感を抱きました。(もしかしたら『さそり』シリーズにもこんなシーンがあったかも知れないけど)

わざわざ囚人たちを裸にし、こんな手間のかかる方法で拷問するというバカバカしさが素晴らしい! 生ぬるいと言えば生ぬるいけど、アイドル主演作であることを考えれば、許されるギリギリの描写だったんじゃないでしょうか?

ごく限られた予算と時間でこれを撮影するには、少なからずリスクがあったと思うんだけど、それでも「これを撮りたい!」っていう監督さんの変態魂。ただの「やっつけ仕事」じゃ、こんな面倒な事はしない筈です。

ハリウッドの低予算映画だと当たり前の姿勢だけど、日本ではあんまりやらないイメージがあります。タレント事務所やスポンサーがうるさいし、どうせC級だしマニアしか観ないしって、最初から諦めちゃう。

そうじゃなくて、マニアしか観ないからこそ、マニアをも唸らせるようなフェチシズムを表現して欲しい、その為に闘って欲しいって、私はいつも思ってます。変態バンザイ!

この画像のシーン、主役の小阪由佳さんにも是非やらせて頂きたかった! やれと言えばやっちゃう人ですよ、きっとw

ミスマガジン2004グランプリに輝いた王道アイドルで、笑うと三日月になる眼がチャーミングだった小阪さん。何でも一生懸命に取り組む姿勢はグラビア写真からも伝わって来ました。

だけど頑張り過ぎる人が陥りやすい鬱病が噂され、しばらく表舞台から姿を消し、ブログで自らの「激太り」写真をアップしたり等、ちょっと危うかった時期を経て、今回掲載したセミヌードグラビアで20kg減量したボディーを披露。だけど芸能界には戻らず、現在は保育園の経営で才覚を発揮されてるそうです。

小阪さんのグラビアは、私も好きでした。このVシネマといい、やっぱ主役が全身全霊で取り組んだ作品は、伝わって来るものが違います。共演者やスタッフにも伝染するんですよね、その心意気が。

小阪さんはきっと、現在のお仕事にも全身全霊で取り組まれてる事でしょう。成功をお祈りします。無理せず頑張って!
 
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『野獣の檻/Nami 第42雑居房... | トップ | 『フランケンシュタインの恋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

素晴らしい日本映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。