Force Engine Labo.

三重県菰野町”鈴鹿スカイライン”の麓にある
Force Engine Labo.の作業日報です。

その名も1600GT5 (5)

2017年04月20日 | ブログ
さて、1600GT5のエンジンリビルドは完成しましたが もう一仕事。
ミッションのオーバーホールです。

このミッションは2000GTにも搭載の貴重品です。
液体パッキンの状態などから 一度はオーバーホールがかかっている個体ですね。
各部を測定しながらバラシていきます。






ここで・・・うげっ!!!!!
リバースギアがプレートを0.8mm程度 削っています。


ご覧の通り ギアのボスは前後で長さが違います。
前後を組み間違えていたようですね・・・


これで よく動いていたもんだな・・・というかブローしなくて良かったよなぁ。

ボルトの頭も削れていて緩められないので 形を整えてから工具を掛けます。


クラックチェックを実施します。


懸案のリバースギアは磨耗だけで クラックは有りませんでした。
が、シフトフォークにクラックが。


このフォークはクラック修理ですね。
その他のフォークは クラック&磨耗。
磨耗の度合いが酷く、シフトの渋さはこれが原因と思われます。

耐摩耗性の高いステライトを盛金し


研摩加工に出します。
研摩の仕上がりを待っている間に・・・


このエンジン&ミッションのオーバーホールです!

さらに合間に ラリーカーのメンテナンスやスーパーGT開幕。





現在 予定されている出張の予定は
5月1日(月)~4日(木)、18日(木)~22日(月)
です。
ゴールデンウイークの後半は通常営業していますよ~。


『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その名も1600GT5 (4) | トップ | 2017年5月のブログ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL