right time right place

「正しいときに、正しい場所にいる」

うれしいことや、いやなこと。
なんでもとりあえず、必然だと思ってみる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女子力ってなんなんだろう。

2014-01-10 10:16:44 | 日記


昨日電車に乗っていたときのこと、ひとつのつり革広告と目が合いました。
ある大学の学生募集の公告で、こんな宣伝文句なんです。


「女子力を活かしていのちをまなぶ!」


これは、どういうことを意味し、あるいは伝えようとしているの宣伝文句なんだろうかと、しばし考え込んでしまいました。
まず、ここで書かれている「女子力」とはいかなる「力」のことを言うのでしょう。
また、「いのちをまなぶ」とはどのような具体的学習プロセスのことを示唆しているのか。
それは即物的に生物学を学ぶことを意味するのか、はたまたやや迂回路的に人文学的な側面を経由する学びなのか。
この問いは、「いのち」が宿る場所とは何処であるかという哲学的省察にまっすぐ通じていて、
それだけで十分にややこしいところに「女子力」という中身がいまいちはっきりしないことばを持ってこられたものだから、
ぼくの頭はカオス的混乱の最中にいやが応にも引きずり込まれることになってしまうのです。



…はい、すみません。
こんなこと、考えることじたい時間のむだですね。
なにせ相手は他愛ないキャッチコピーであります。
その仕事は多くの人の目を引くことにのみあって、なんらかの整合的世界観を伝えることにはないわけですから。
その観点で言うと「女子力を活かして」のコピーは立派過ぎるほどにその職責を果たし、
いまではぼくはその大学の名前をなんとなく覚えてしまいましたもの。



ときどき、いやしばしばしょっちゅう、ぼくはこのような行き場のない問いを偏愛的に好んでしまうところがあります。
考えたって答えなんかはじめから用意されていないような、
仮に答えがあったとしてそれがわかってもほとんどなんの役にも立たないような、
なんの価値も意味もない、そんな問いに頭を巡らせるのが、どういうわけか好きなんですね。



この前は、ある文章の中に出てきた「楽観も悲観もなく」という部分を音読していたとき、
「楽観モヒカン」ということばを思いついてしまい、
それからしばらくの間モヒカン頭の楽天的な人が「大丈夫さ~」と楽観的なことばを振り回しているところを想像することを止められなくて困りました。


でも、モヒカン頭の人って、確かに楽観的な性格が似合いますよね。
モヒカン頭には、基本コンセプトとして、楽観性や楽天性が標準装備されていると言えないこともない気がします。
後ろ向きなモヒカンって、喪服で結婚式をやるみたいな、根本的倒錯であるように思えてならない。


しかし、いかんせん広い世界ですから、どこかの国のどこかの共同体では、伝統的野球部が坊主頭を強制されているように、
その成員全員がモヒカン頭を余儀なくされているところだってあるかもしれません。
(というか、もともとモヒカンというのはアメリカの「モヒカン族」がしていた髪型のことなのだから、きっとそういうところがあるのでしょう。)
そういう場所が広い世界の片隅に(べつに真ん中でもいいわけですけど)ひっそりと存在していると仮定すると、
どんな共同体にもその成員の間に性格的なばらつきはあって当たり前なわけだから、
その中にはきっと「内向的なモヒカン」や「悲観的なモヒカン」という人たちも暮らしていらっしゃって、
そういった人たちが「モヒカン=明るい」という21世紀的イメージに照らし合わされることでいくぶんかの居心地の悪さを感じておられるとしたら、
そんな短絡的かつ一方的なイメージを勝手に持ち合わせていたじぶんを反省する他ありません。


だって、なにかの拍子にじぶんが温厚なモヒカン族一家の子息として生を受けて穏やかかつ内省的な思春期を送っていたところに、
東洋のよくわからない国から訪ねて来た騒がしい観光客たちに「あ~、モヒカン!」とか言われて、
「あれ、モヒカンなのにノリ悪いね」といった具合でがっかりされてしまったとしたら、
その「モヒカン族的ぼく」はきっと割と傷つくか、少なくともいい思いは決してしないと思いますもの。


だから、「モヒカンすなわち明るく楽観的」というステレオタイプは、あらゆるステレオタイプがそうであるように、
無用に人を傷つけたり損なったりする恐れのあるものであると言わざるを得ません。
気の毒な思いをされているモヒカンの皆さん、ぼくはここにそのステレオタイプを20数年疑わず抱いて来たことに、
いくばかの謝辞を述べたいと思います。
すみません、ごめんなさい。



とまあ、こんな具合に、こんな無駄なことならぼくはいくらでも考えていることができます。
まったく、何の自慢にもなりませんね。
今日はほんとうは「まちがうこと」について書くつもりだったのですが、
書き出しをまちがえ、展開をまちがえているうちにモヒカンの話で終わってしまいました。


次こそはきっと、まちがわず「まちがうこと」について書く予定です、おそらく、たぶん、きっと。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

さあ、書いてみよう。

2014-01-08 09:49:41 | 日記


お正月のソワソワした空気も落ち着きを見せ、子どもたちの学校が始まり、通勤電車が日頃の賑わい(あるいは、地獄)を取り戻す頃、
塾の先生をしているぼくにも日常という名の甘美たる日々が回帰します。
朝から晩までの耐久戦的冬期講習は昨日でひとまず終了。
今日からはまた午前中をこうした駄文の執筆等でつぶし、昼過ぎから「さてと」と仕事に出かける、
そんな「半・世捨て人」生活をしばらくの間のんびりと楽しめそうで、うれしい限りです。


ぼくは「日常」ということばがかなり好きで、他にも「平常心」とか「日課」とか、
そういった退屈で地味な概念に比較的厚い信頼を寄せるタイプで、つくづく革命家には向かない性格なのだなと思っています。
20世紀中頃の中南米とかで生まれなくて、ほんとうに良かった。



そうだ、この前の日記があまりにも尻切れとんぼ的に終わっているので、続きを書きますね。
昨日までのぼくが朝五時に起きていったい何をしていたのかという話。


そう、何を隠そう授業の準備をしているのです。
な~んだ、いかにも普通でつまらないですね、すみません。
朝から晩まで授業がある日には、その日の分の授業準備はどうしたって早朝にやるしかないということになります。


しかし、27にもなって、まだ日も昇らない時間にセンター試験の問題を解いているのって、どう考えても可笑しいですよね。
センター試験というのは十代の終盤に訪れる人生で一度から二度くらいの通過儀礼的イベントであって、
ぼくはそれをもうとっくに通り過ぎてしまったわけであります。
なんだか、卒業した高校の部活にしつこく顔を出し続ける迷惑なOBになったような気分がして、
朝から「おれはいったい何をやっているんだろう…」と自己への懐疑心に苛まれることも多々あるわけですが、
「まあ、だれに見られてるわけでもないし」と思い直してひっそりと(早朝のいいところですね)やっています。


でも、よくよく考えてみるとセンター試験ならまだいい方で、ときには中学生の問題や小学生の問題を解いていることもあります。
ここまでくると、リトルリーグの試合に社会人が出場するようなもので、
どことなく背徳的な気配すら漂ってきて、ほんとうに困ってしまいます。


しかも、そのリトルリーグの試合で大活躍できるかというそうとは限らないのがさらに困ったところで、
ここだけの話、ほとんどの問題でぼくは「右手うちわで全問正解」とは行かず、けっこう間違えたりします。
その度にじぶんの低能さに嫌気がさすのですが、そこでも「まあ、だれも見てないから」と開き直ってしまえるのが、早朝のいいところですね。



塾の先生をしていると言うといかにも頭の良い人だと思われがちですが、
実物のぼくを知っている人はお分かりのように、ぼくはいわゆる「頭の切れる人」とは対極を成す人間です。
頭の回転速度は年代物のパソコンのハードディスクみたいに遅いし、
ものの覚えは鶏レベルで、必死に頭に叩き込んだ知識も波打ち際に書いた砂文字みたいにあっけなく消えてなくなってしまいます。
中学校の成績は良いときで「中の上」くらいだったし、高校は勉強に関しては「のんびりそのもの」のところで、
留学して覚えた英語を一芸入試みたいに駆使して運良く大学に受かって今に至るわけで、
そんなぼくがいったいどうして塾の先生なんかやっているんだと聞かれると、ぼくも「う~ん」と考え込んでしまいます。


しかし、大変厚かましいことに、ぼくはこの不完全かつ問題を多く抱えた知性の持ち主であるぼく自身のことを、
この手の仕事に向いた性向の持ち主だと思い込んでいるふしがあります。
ぼくは、たくさん間違えるからこそ、よりよく教えることができるのだと、こう思っているわけなのです。



どうしてそうなるのか、そこにもいろいろと思うところはあるのですが、
書くとまた長くなりそうなので、次の日記に回します。


こうやって、「読み切り」ではなく「連載形式」で日記を書いていくというのも、悪くないかもしれないな。
けれど、「連載」が成立するためには読んでくれている人が毎回の日記を律儀に見てくださっていることが必要なわけで、
その点はやや心配があるのですが、べつにわからないからといって皆さんの成績や給料に影響があるわけでもあるまいし(当たり前だ)、
まあいいや。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな時間になんでまた…

2014-01-06 05:26:51 | 日記


おはようございます。
現在、朝の5時であります。
えーと、天気は、その、雨ではありません。
日が昇る前だと、晴れと曇りを見分けるのって難しいですね。


そうです、ぼくは普段は塾の先生をやっているのですが、この仕事はなにしろ朝が早いんです。
新鮮なネタを仕入れに市場まで出かけなくてはいけないし、一日が動き始めるその前に朝刊を配達して回らなくてはいけないし。
というのは、もちろん真っ赤な嘘で、一般的に学習塾というのは夜こそ遅かれ朝が早い仕事ではありません。
なんといってもそこに通う人たち(小学生から高校生くらいまでの人たち)は朝から夕方までは学校があるわけで、
塾の類が開店するのはどうしても日が暮れるような時間からということになるわけです。


しかし、そんな夜行性動物専門の動物園(あるいは、動物病院)みたいな学習塾が、心を入れ替えたみたいに朝から開いている期間があります。
それが学校がお休みになるこのような時期で、つまり春休み、夏休み、冬休みの間です。
「学校がないんだから、朝から来れるだろう」ということで、朝からやっているんです。
けれども、「わざわざ朝から開けたことだし、いつもより早く店じまいしよ」とはいかないのが不可思議なところで、
なんだかんだとやっているうちに気づけばいつも通りの時間に電車に乗って家路に着くことになっています。


というわけで、朝から夜まで働き蜂みたいにせっせとあれこれやっている最近のぼくです。
でも、なにより健気なのは学生の皆さんの方ですよね。
せっかく学校がないってのに、朝早く起きて塾に通うようじゃ、とても「休み」とは言えませんもの。
学校がある間の方がかえって楽だったりしてね。
ごくろうさまです。がんばってください。


というわけで、ここからが本題。
朝日(新聞ではなくて)よりも早く起きたぼくが暗い中なにをしているかというと…
と、ここでタイムアップのようです。もう行かなくちゃ。
残念でした。
まあ、とりたてて立派な本題という風にもならなさそうなので、いいか。
もしかしたら、またどこかで書きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

けんもほろろですが。

2014-01-03 20:56:37 | 日記


新年あけましておめでとうございます。
ずいぶん留守にしている間に、年が変わってしまいました。
久しぶりにブログを書くのって、なんだか緊張しますね。
ずっと会っていなかった友だちに久しぶりに会うような感じというか、なんというか。


2013年が終わって2014年が始まりました。
平成…25年ですかね。
平成の年号って、なんだか年々覚えにくくなっていく気がしませんか。
領収書の日付を書くときなんかに、わからなくなって冷や汗を書きます。
西暦の方は大丈夫なんだけど、領収書には西暦表記は似合わないものね。


2014年なんて、なんだか近未来小説の舞台みたいですね。
どうもぼくは、2013年が終わって2014年が始まったというこの出来事にまだうまく馴染めていないみたいです。
当たり前ですね、なにせ2014年は生まれたてほやほやで、へその緒が取れてない赤ちゃんみたいなものなのです。
これからいろいろな「2014年的出来事」が起こって、その度「ああ、ぼくは2014年を生きているのだなあ」と実感して、
そのうちにぼくも「2014年」に馴染んでいくのでしょう。
新しく買った靴がじぶんの足に馴染んでいくみたいに。


それに、ぼくがそんな心配をしなくても、2014年にはその存在を歴史に刻み込むに十分な存在感を持つイベントがどんと控えているのです。
ほどなくして2月にはロシアでオリンピックがあるし、それから半年もしないうちにブラジルでサッカーのワールドカップがあります。
冬季オリンピックとサッカーのワールドカップが同じ年にあるなんて、
もちろんそれはこの2014年に始まったことではないのですが、やはりすごいことですよね。
カツ丼と天丼が同時に出てくるみたいなもので、それはやはり、すごいものなのだと思います。


しかし、そんな豪華絢爛な2014年を迎えても、ぼくはとりわけウキウキワクワクしているわけでもないようです。
年々、年末年始の時期になんらかの特別感を覚えるということが、なくなっているような気がするな。
紅白も見ないし、除夜の金も聞かないし、初詣もべつに行かないし。
まあなんというか、かなり非情緒的に過ごすわけです。


おそらく、ぼくはある種救いようのないへそ曲がりなのでしょう。
年末年始のように、多くの人が「バタバタ」したり「ソワソワ」したりしているとき、
ぼくは反射的にその反対をやりたくなってしまうのです。
その結果、ジッといつも通りの生活を守り、おめでたい気持ちも特に持たず、淡々と時間を過ごすことになります。
もしかしたらそのせいで人生の何割かを損しているのかもしれないけれど、まあそれは仕方ないですね。


それでも少しは年初めらしく新年の抱負を考えてみるとしたら、それは「安定感」だろうなあ、やっぱり。
感情、体調、仕事のパフォーマンス、いろんな面で波のない、安定した状態で一年をやりきれたら、どんなに素敵だろうと思います。
うれしいときに喜びすぎず、しんどいときを嘆いたりもせず、無理のない一生懸命で、毎日淡々と、丁寧に。
「無口な職人さん」というのが、いまのぼくを引きつけてやまないあこがれの姿なのですね。
ぼくはそういう人に信頼を置くし、そういう人から信頼を置かれるような人になっていきたい。



柔らかく穏やかな心持ちのままで、きちんと暮らし、働き、学び、遊び、語らう。



そんなイメージを胸にそっと持ちながら、2014年も過ごしていこうと思っています。




おっと、「安定感」と言うからには、ブログの更新も安定させなくちゃな。






「いつもオーバーの中に子犬を入れているような、ほのぼのとした気持ちで日々を送れるといいだろうな。」
 ~小説家・村上春樹~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

供養の身振り。

2013-12-14 09:12:21 | 日記


友だちが舞台に出ると言うので、見に行ってきました。


普段何気なく接している友だちを観客席から眺めるのって、なんだか変な感じのするものです。
クラスメイト(なんだか甘美な響きですね)が部活動に精を出す姿を見ているのに似ているかもしれない。
教室では見せることのない表情なりがそこにはあり、
「ああ、この人はここにじぶんの生の輝きを見出しているのだな」という感慨に浸ってしまいます。


太平洋戦争末期における特攻隊基地が置かれた町の食堂を舞台にした作品でした。
食堂を営む女性が隊員たちと親交を深め、終戦後も彼らの想いを語り継ぐという形式。
ぼくだけかもしれませんが、こうした「戦争もの」って、どうしても夏に見るものって感じがしませんか。
沖縄戦とか、原爆投下とか、南太平洋の島々とか、そうした暑さを連想させるキーワードがあの戦争のイメージを形成しているんでしょうね。
セーターを着込んで見るこの手の作品は、それだけでなんだか変に新鮮に思えたものでした。



しかし、この「戦争もの」作品というのは、考えてみると不思議な成り立ちのし方をしていますね。



ほとんどの場合、映画や演劇といった芸術作品は、ある種の虚構を提供するものです。
それがフィクションであれ実話に基づくものであれ、そこにはぼくらの知る現実とは毛色のちがった、
柿ピーにおける柿の種とピーナッツみたいに混じり合って存在している希望と絶望のどちらかを引き延ばしたような、
ある種の非現実性に満ちた物語が演じられていて、
ぼくらはそうした「ひょっとしたら現実になり得るかもしれない非現実」を楽しむために切符を買って劇場に足を運ぶのだと思います。


しかし、ことに「戦争もの」に関して言えば、そこに虚構の混じり込む余地はほとんどありません。
それが扱う題材はあまりにも強固な現実であり、改変はおろか、解釈の変更さえも容易に受けつけない、そのような性質のものであるからです。
そこでは日本は何度戦ってもアメリカに負け続け、特攻隊は例外なく出撃のときを迎え、多くの涙が常に流されています。


だからそれらは、エンターテイメントとして享受されるにはあまりに筋が見え過ぎており、
どう転んでもハッピーエンドを期待できるものではなく、
終演後同行した友人とビールで乾杯しながら語り合えるような作品になることは難しいのです。



けれども、「戦争もの」がもつその特異な性質は、決してその作品的価値を減じるものではありません。
むしろその反対で、誤解を恐れず言えば、ぼくらはそれらの作品に、ある種の予定調和さをこそ求めていると言えるのではないでしょうか。
ぼくらはそこに日本がアメリカに負け、特攻隊が出撃し、多くの涙が流されるような展開をこそ希求している。
ぼくらがそこで見たいのは、幾度となく繰り返されてきた、そうした種類の物語なのではないか。


仮に、かの戦争で日本が勝利し、ニューヨークのキャバレーを日本人将校が闊歩するような物語が制作されたとして、
それは虚構としてのエンターテイメントとしては大変興味深い作品になり得るにしろ、
それが多くの共感を得て愛される作品になることはあまり想像できません。


ぼくらはそれよりも、ぼくらの先達が体験した悲劇的現実をそのままに伝えてくれる、そのような物語をこそ見ていたいのではないでしょうか。
それがいかに救いのない物語であれ、重苦しい気分を不可逆的に運んでくるものであれ。



それはおそらく、あの悲劇的現実の中で尊い命を落とした彼らに向けた、供養の身振りなのだと思います。
死者を弔うこと。
それはきっと、彼らの残した声に耳を傾け続け、不完全を承知でそれらを代弁せんと努め、その不可能さに打ち震える、
そのような態度をとり続けることなのだと思います。


死者の供養は、人間の歴史と同じくらい古い行動様式とされています。
旧石器時代にもお墓に類するものは存在していました。
今のところ、死者を供養する習慣をもつ動物は人間だけであるとされています。
死者に対するこうした態度こそ、ぼくたち人間を人間たらしめている根本的性質であると言っても言い過ぎではないのでしょう。



死者を語り継ぐこと。
それが持つ重要性について、今のぼくはしっかりとした質量あることばで語ることができません。
けれども、それが大切なことであるということは、なんとなくわかる。
そして、それを大切と思う人の数は、決して少なくない。
だからこそ、戦争を題材にしたこうした作品が繰り返し制作され、深い感動を持って迎えられ続けているのでしょう。
このことは、ある種の希望にまっすぐ通じているのかもしれません。



MOTHER~特攻の母 鳥濱トメ物語~」という舞台です。明日までやってます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加