football smile

the days turn into months and years

J1 甲府 vs 浦和(DAZN)

2017-08-09 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第21節
2017年8月9日(水)19:00キックオフ
山梨中銀スタジアム(DAZN)

ヴァンフォーレ甲府 0 - 1 浦和レッズ

       興梠

ラファエル シルバ  武藤

 菊池  阿部  柏木  関根

   槙野  遠藤  森脇

       西川 

勝てない浦和はいつ勝てるのか?前節、G大阪に勝利した甲府は、いつもながら手堅い試合運びを見せる。浦和のボール支配率は70%を越えているにも関わらず、まったく油断できない。そういうしたたかさのようなものが、チームに根付いているのだろう。その甲府は2トップのブラジル人に攻撃を依存しているのだが、なかなか良いボールが入らない。攻守の連携が分断されているおかげで、浦和はずいぶん救われた。その隙を見て、柏木君のきれいなゴールが決まった。

しかし後半に入ると、今まで引いていた甲府が前がかりに攻めてきた。形勢逆転。今度は浦和の脆弱した守備力が試される。トップの興梠から懸命にプレスをかける。守備意識の高さは、大宮戦でも伺い知ることができたが、より有機的に機能しているように思えた。何より攻撃に転じることを前提としているところが良かった。何のための守備なのかということが整理されている。最後まで気が抜けない展開ではあったが、しっかり完封できたことは大きい。

        李

ラファエル シルバ  武藤

 菊池  阿部  矢島  駒井

   槙野  遠藤  森脇

       西川 

今日の試合は、ブンデスリーガ・FCインゴルシュタット04への移籍が発表された関根のラストマッチでもあった。突然のことだったので、アウェーの甲府でサポーターへ挨拶という慌ただしさである。サイドのタレントが豊富とはいえ、やはりいちばん期待されていた選手だけに寂しさも一入である。堀監督初勝利とか浮かれている暇はない。浦和の試練はまだまだ続く。でも決して未来を悲観することはない。このままでは済まないぞ。浦和レッズのポテンシャルを舐めてはいけないのだ。

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« futsal52 | トップ | TGS31 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL