football smile

the days turn into months and years

LVC G大阪 vs 浦和(SKY)

2016-10-16 | cup
JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ 決勝戦
2016年10月15日(土)13:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(SKY)
ガンバ大阪 2 - 3 浦和レッズ

       興梠

     高木  武藤

宇賀神  阿部  柏木  関根

   槙野  遠藤  森脇

       西川

そういえば、浦和が初タイトルを取ったのが、ナビスコカップだったなあ。そんなことを考えながら、AXISの試合から帰宅してTV観戦。画面に映し出されたコレオが美しい。まあ、アウェー扱いだからといって、浦和サポーターを南ゴール裏に配するわけにはいかない。それにしても、いつもより広いガンバ・サポーター席は違和感がある。ルヴァンカップ用に青くデコレーションされたメインスタンドも、違和感たっぷりである。
 
前半はどちらかというとガンバのペースであったように思う。リーグ戦の反省を活かして、中盤の構成を少々変えたのが功を奏した。遠藤のトップ下にアデミウソンのワントップも怖さがあった。なんだよ、前回もこうしておけば良かったのにね。
 
後半も同じような展開が続く。明暗を分けたのは選手交代である。その時間帯を前後して、流れは徐々に浦和へと傾いていった。当然、攻めなければならない浦和は、攻撃陣をリフレッシュしたわけだが、それ以上の効果をもたらしたようだ。ボール支配も圧倒するようになった。

同点ゴールもPK戦も、試合の流れを引き寄せたがために生まれた結果だ。そこを勝負強さと表現しても良い。これは昨シーズンまでの反省に基づいた改善の積み重ねに他ならない。それはテクニカルなことであり、メンタルなことでもある。ようやくタイトルという結果を出したミシャ監督の手腕を讃えるべきだろう。結果こそ全て!この言葉が意味するところは、結果のためには手段を選ばずということではない。結果を出すための手段を模索することだと思う。

何はともあれ、10年ぶりのタイトル奪取だ。おめでとう! 
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AXIS vs MHS(大井第一) | トップ | EVERLASTING »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL