football smile

the days turn into months and years

Dig Your Own Hole

2016-12-28 | music

The Chemical Brothers
7 APL 1997
iTunes
http://www.thechemicalbrothers.com/


マンチェスターのクラブ The Haçiendaといえば、Factory Recordsの聖地であり、Joy DivisionやNew Orderが思い浮かぶ。そこでDJとして活躍していたとなれば、そりゃあ聴くわなあ。90年代に初めて聴いた時の衝撃は、今でも鮮明に覚えている。デジタル・ロックとか、ビッグ・ビートとか称されたその音は、時代の寵児として受け入れられた。それが90年代という時代であったのかなあとも思う。

ノンストップで繰り出されるビートに圧倒されて、徐々に感覚が麻痺していく。いい加減やかましいわ!と思ったところで流れる「Lost In The K-Hole」が印象的である。個人的には、2002年にリリースされた「Come With Us」みたいな方が好きなんだけど、このアルバムがあってこそという気もする。

しかし、このカバー・デザインは逸品である。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #217 | トップ | 忘れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL