フットボール観戦記

YSCC中心でJ3・なでしこ等新聞で大きく取り上げられることがないクラスのサッカー・フットサル観戦記です

ホームゲーム最終戦セレモニー

2016-11-26 02:59:32 | 2016年YSCCJ3

ガンバ大阪U23戦が終わり

ホームゲーム最終戦なのでセレモニーがありました

まずは吉野理事長の挨拶から

経営という面では『毎年J3ライセンス交付されてJ3リーグ参戦できる』のは最低限のことですが、やはりJ3リーグを戦う以上、結果も求められるリーグであることをもっと前面に押しだせる運営を望みます

今のままでは『参加することに意義がある』状態、ドアマットチームになってしまうのはまっぴらごめんです

続いて樋口監督の挨拶、年が明けてからの監督就任、今までの監督生活の中で一番厳しい環境での指導になりましたが、来年以後も選手を指導していってほしいです

最後に選手代表で辻 正男の挨拶、彼の挨拶が一番心に残りました

正男はガイナーレ鳥取に『個人昇格』できた2013年、讃岐との入れ替え戦で敗れての降格を知っているだけに、「このままではいけない」ことを訴える内容でした

このままでは参加するだけで満足しているチームになってしまいます

来年は「相手側への挨拶できなくなるような汚いサッカーしてでも勝利という結果残してほしい」です

晩秋の三ツ沢

今シーズンのYSCCサッカートップチームは全試合終えました

来シーズンも観戦していく予定です

 

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年J3第30節YS... | トップ | 秋の庭園開放(1)紅葉と桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016年YSCCJ3」カテゴリの最新記事