100倍楽しむ海外旅行  時々国内旅行

83歳(終末期後期高齢者)のジジイの50回の旅行97ヵ 国を100倍楽しんだ話 付録で時々エンディングノート

「東南アフリカ」編 マサイ人 エシラレイ村1

2016年11月12日 08時21分39秒 | アフリカ

 

2007年にタンザニア、ケニア、ジンバブエ、ザンビア、南アフリカ、ナミビアを旅行し、それをこの表題「東南アフリカ」で紹介しましたが、途中で中断したまま今日に至っています。そこで今回からかなり記憶がボケていますが、後半部分を始めます。

マサイ人についてはケニアでマサイ人を無断で写真撮影をして怒りに遭ったことを2007年10月25日に紹介しました。今回の紹介はタンザニアのマサイ人のエシラレイ村訪問記です。この訪問は本来のツアーコースにはなかったのですが、私が発案し皆さんの同意を得て特別に実現しました。したがって各人10ドルの特別出費でした。

歓迎の皆さんです。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「想い出のつぶやき エンデ... | トップ | 「東南アフリカ」編 マサイ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ビオラ)
2016-11-12 10:16:49
今日は。

東南アフリカと言うくくりですが、それぞれで違った言語・・・、それも他者から見ると、メジャーではない言語を日常使っていらっしゃるのだと思うのですが、どんな言語で、コミュニケーションをはかっていらっしゃったのですか?
コメントありがとうございました (fool1934725 管理人)
2016-11-12 14:46:02
「ビオラ」さん、コメントありがとうございました。
私の旅行はパックツアーなので現地の人と直接話すことはあまりありません。しかしできるだけ現地人と接触したいのでその場その場でアフリカに限らずその地の人の挨拶程度の言葉を覚えようといつも努力しています。今はほとんど忘れましたが東アフリカで比較的広範囲に使われている言葉にスワヒリ語がありその「こんにちは」は「ジャンボ」といいそれだけは今でも覚えています。なおアフリカの言語事情について別の「東南アフリカ7カ国」欄で少し紹介しています。2010年1月12日に「アフリカの言語事情」と題してすこし書いています。このブログに左にあるカレンダーを操作するか、右上の検索欄に「アフリカの言語事情」記入し検索してご覧いただければ幸いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL