趣味の会-ウクレレ・音楽サロン・読書会・洋裁・他

横浜市南区で趣味の会[フォンテーヌの家」 

もしかしたら、この丸い物はカボチャの赤ちゃん?

2017-07-06 22:38:48 | 雑感
一昨年の晩秋、大根と思って蒔いた種が何故かカボチャだったと言う、珍事件。
出てきた二葉の大きさに驚いたのですが、種の生産者に写真を送ったところカボチャと言いました。

時期的にカボチャが育つ気温では無いので、来年蒔くようにと言われたのですが、
狭いスペースですので、その気は有りませんでした。

ところが、昨年蒔た種が、気温が上がってきたら勝手に出てきて、蔓がどんどん伸びています。
トマトやキューリの苗を守るようにして、カボチャの蔓は適当に切ることにしていました。

お花は沢山咲いて居るのですが、お花はどんどん落ちてますから、カボチャが成るとは思いませんが、
もしかしたらこれがカボチャの赤ちゃん?と思う物を見つけました。

カボチャの赤ちゃん? 
それは、他のお花には無いのにこのお花ともう一つだけに、お花と蔓の間に丸い物が出来てます。
初めてのことですので、どんな風に実が出来ていくのか知りませんから、楽しみです。

ただ、この丸い物を付けているお花は、玄関の屋根から、地べたに下がって居るもに絡みつき、
不安定な位置で華を咲かせ体ますから、これがカボチャだとちょっと大変。

携帯カメラで撮したのですが… 

写真を編集して、向きを変えるようにしたのですが、何故か縦に出来ません。
以前もこのようなことが有りましたので、このままで…。
右側が下方ですから、お隣との塀と同じ高さになります。カボチャが重たくなったら無理だと思います。
  (追記 不思議ですが、横になっていた写真がいつの間にか縦になっていました。)

これがカボチャと分かったら、富士宮の畑仕事をして居られる方に電話ででも、教えて頂きます。

大根と思って昨年、抜き菜状態で食べたかったので、バサッと種を蒔いたものが、カボチャで、
更に気温的に育たないから、暖かくなったら蒔くように言われて居ましたのに、勝手に芽が出て、
どんどん蔓が伸び、狭い畑一杯になりながら、沢山黄色いお花を咲かせていました。

小さいお花や立派なお花も、咲いても皆しぼんで土に溶け込むように落ちています。
一つでもカボチャが収穫できれば、嬉しいですね。楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほのぼの 70号の印刷を終... | トップ | 冊子「ほのぼの」の製本作業... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うさぎ)
2017-07-07 00:13:03
空飛ぶパンプキンで検索(@^^@)/
ありがとうございます。 (わたし)
2017-07-07 22:02:18
調べました。ありがとうございます。支える方法を考えます。楽しみです。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。