趣味の会-ウクレレ・音楽サロン・読書会・洋裁・他

横浜市南区で趣味の会[フォンテーヌの家」 

冊子「ほのぼの」も読書会もが、18年目になることに驚いています。

2017-03-20 19:53:53 | 雑感
朝から陽射しが強く、暖かくて風も無くとても過ごし良い1日でした。
何時もは午前9時から、ほのぼの編集会なのですが、今日は午後2時からでした。


第四水曜日は読書会と決まっているので、何時も前日の火曜日に本を借りるのだけれど、
明日は休館というので、1日早い今日図書館へ行く事にして居ました。
祭日の図書館は5時で閉館されるので、家事仕事を終えると直ぐに図書館へ向かいました。

余り体調は良い状態では無いので、出掛ければ必ず休憩タイムが必要になりますから、
早めに出掛ける用事を済ませ、編集会迄の時間を休憩タイムにしたいと思っていました。

今月から欠席なさっていた方が復活し、9人になりますから、同じ本を9冊借りてきます。
そこそこの重量になりますので、帰りはタクシーを使うようにしています。
少し厚めの本9冊は、かなりの重量になりタクシー乗り場まで歩くのも、大変な時があります。

そんな読書会も17年間続いています。
メンバーは多少入れ替わりがありましたが、フォンテーヌの営業を止め自宅に移動してからは、
12年間強、ずっと同じメンバーです。

我が家が良いと言うメンバーが居られるので、新年会も出掛けず此処でしています。
これだけ長い付き合いになりますと、「勝手知ったる何とか」では有りませんが、
取り皿やスプーンなど、勝手に持って来て下さいますから気が楽です。

冊子「ほのぼの」に、「読書会便り」として毎号掲載させて頂いています。
3ヶ月に1回の発行の季刊誌ですから、3冊分感想を書かなくてはなりません。
数年前から、わたしは書かなくなりましたが、スペースが決まっているので、結構大変でした。

当然ですが、メンバーの誰もが好みの本の系統が違います。
自分では絶対選ばない本を読むときは、好みの本と平行させて読んだ事も有りました。
残酷なサスペンスなど、途中で止めたくなりますが、読書会便りを書く為には読むしか無かったです。

複数の人が、同じ本を読み意見交換をすることで、いろいろな感想が聴けて有意義、と思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あるじ愛用のぐい飲みの戸棚... | トップ | 和服の端切れや洋裁用の布地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。