気になる?

気になったこと

危険な何か

2016-11-12 00:33:31 | イタリア
初めての海外旅行にイタリアを選んだ、ミラノから始まってローマまでの旅
ローマではミケランジェロホテルだった。
朝歩いてヴァチカンの回廊を歩いて、サンタアンジェロ城の橋を渡るの手前まで歩いた
当時のガイドブックには、何も語られていない橋
この橋の石造に魅入られた、いつかじっくり天使象を見ながら渡って、あの城の中に入る

今回もこの城の中まで入ることができなかった、まぁ次回にでも・・・その時はそう思ったが!
事前にヴァチカンへ通じる通路ツアーを申し込もうとか・・・夜景も見たいとか・・



サンタンジェロ城、別名ハドリアヌス廟、
サンタンジェロ橋はベルニーニの設計とか、2体天使象は本人作で、オリジナルはサンタ・アンドレア・デル・フラッテ教会
橋は受難の道を表しているそうな


橋の入口





正面


柱を持つ天使



ムチを持つ天使


いばらの王冠を持つ天使

聖顔布を持つ天使


釘を持つ天使


聖衣を持つ天使


INRIの銘を持つ天使
ナザレのイエス、ユダヤの王


十字架を持つ天使


槍を持つ天使


葦に刺した海綿を持つ天使


サンタンジェロ城の紋


聖ミカエル象 実物のこの巨大さ あまりの大きさにかわいいとは言えんよ



重厚な造り ハドリアヌス皇帝 そもそもあまり興味がなかったのだが、
日本に帰ってきて、上野のトーハクで古代ギリシア展が開催中だった、最終日近くに飛び込んだ

あまりの面白さに驚愕しかけたところ、出口付近に美しい男子石像
アンティノウス象

首から肩のラインが美しい

いったい何もの?
ハドリアヌス皇帝の愛人だった
若くして水死して、ハドリアヌス皇帝はアンティノウスを神格化して、帝国中アンティノウス神殿を造りまくったらしい
ローマ好きとか騒いでるくせに、こんな有名な話を知らんとは!!
たぶんそれは、ハドリアヌス皇帝のあの髭面が・・・皇帝本人はギリシア大好きでギリシヤ風の髭だとか
今回のローマの旅で、ハドリアヌス象の写真を撮っているかと探したら、
ヴァチカン美術館で写っていた!!

左端の石造の人物、半分だけだが・・・

やっぱり有名なのは同じ美術館にあるコレだったのだ!!

あまりに完璧すぎて、分からなかったよ!!



須賀敦子著の「ユルスナールの靴」の中にある「皇帝の後を追って」を読んだ
うひゃ!泣けてくる~ユルスナールの「ハドリアヌスの回想」と例のアントニー・エヴァリエット「ハドリアヌス」を購入
とりあえずエヴァリエットの方を読んでいるが、面白過ぎる~~~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 廃墟から遺跡へ モンテラーノ | トップ | クリア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL